福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

月別アーカイブ

PDファースト

2011年01月25日|カテゴリー:診療

前回CAPDについて書きました。
今回は、ちょっと違った面について書いてみます。

腹膜透析(PD)は日本では透析患者さんの3.4%の方が行っている治療法です。
血液透析に比べ行っている方の人数はかなり少ないです。
全国的にはかなりの地域差があり、3年前の調査ですが、最も少ないのが佐賀県で0.6%、最も多いのが香川県で9.9%とかなりのばらつきがあります。
我が福島県は、4.9%で平均より高く、全国での普及率の順位は第9位で多い方です。

世界的に見ても日本での普及率は少ない方です。

オランダ  23.0% 
デンマーク 24.0%
英国    19.3%
米国    7.4%
韓国    21.3%
台湾    7.6%

実は、最も多いのが香港で、透析患者さんの81.3%が腹膜透析を受けています。
香港では国策でPDファーストが行われています。
腹膜透析が禁忌の患者さん以外で血液透析を希望する人には医療費還付を行わない方針です。

香港では、腹膜透析液の価格が安く、PDを選択することで透析治療費を安くしているということです。
日本では腹膜透析液が高額なため、血液透析よりPDの方が費用がかかっています。

でも、現在の日本では患者さんや診察している医師が、個々の患者さんに適した治療法を選択出来ています。
とても恵まれている状況だと思います。
我々医療者も患者さん達も、現在の恵まれた状況を続ける事が出来るように、真剣に向き合っていく必要が有りますね。

日本透析学会総会の演題査読中

2011年01月24日|カテゴリー:診療

第56回(社)日本透析医学会学術集会・総会
一般演題筆頭演者 各位 

この度は、第56回(社)日本透析医学会学術集会・総会に
演題をご登録くださり、ありがとうございました。
現在、査読期間に入っており、採択につきましては査読終了後
ご連絡申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の6月に横浜で日本透析学会が開かれます。
巨大な学会で、演題数もとても多い学会です。
最近では、各演題の内容が詳しく載っている抄録集もとても厚くなって、毎年持って行くのが大変になっています。
と言うか、学会場で抄録集を持っている人自体が少なくなっている印象です。

それだけ演題数が多くなると、どうしてもレベルの低い発表も入ってきます。
今回、査読期間を設け、採用する演題を採択するという事ですので、レベルの高い学会となるのではないかと期待しています。

もっとも、僕の演題が採用されないかもしれませんが。。。

もう一つ、昨年の総会でビックリしたことが有りました。
それは、一つの会場では、長時間透析や頻回透析のセッションを行っていて、これらの透析についてたくさん議論されていいました。
しかし、途中で栄養のセクションに行ってみたら、どれだけ低たんぱく食にすれば透析の回数を減らすことが出来るかという話がされていました。
全く逆の話が両方ともあたかも当然のことの様に同じ学会の違う場所で同時に議論されている事についてとても違和感を感じました。

やはり、学会としてある程度の方向性を示してもらい、その上で議論する必要が有るのではと感じました。

今回の演題選別には期待を持っています。

CAPDについて

2011年01月23日|カテゴリー:診療

CAPDについては前にも書いた事が有るかもしれません。
ちょっと唐突ですが自分のCAPDに対する考えを今回書いてみます。

CAPDは泌尿器科医になった時点から血液透析と共にずっと診療してきた治療法です。
現在でも、CAPDの患者さんが若干名当院に通院しています。

昔から、血液透析とCAPDの比較が良くされてきました。
CAPDは、飲水制限が少なくてすむとか、野菜や果物をたくさん食べても大丈夫だとか、自宅でできることが血液透析より優れているなどの話がありました。

尿がたくさん出ている患者さんでは、これらの恩恵を受ける事が出来ます。
しかし、ぎりぎりまで頑張って無尿に近い患者さんでは、透析不足になりCAPDのデメリットばかり出てしまいます。

透析不足でかゆみが出る、体調不良がある、しかし血液透析はいやだと言うことになり、透析不足で体調不良が数年続き、どうしようもなくなってから血液透析になるストーリーです。

つまり、CAPDは通常透析を導入するよりもっと早い時期に行う治療法であり、血液透析と同等に考える治療法ではないと僕は考えています。

個人的見解なので異論はかなり有ると思いますが、僕が考えるCAPD導入を勧める対象となる方は、クレアチンが5くらいで半年以内に血液透析が必要となる糖尿病以外の患者さんです。

患者さんに、
『半年以内に血液透析となる可能性が高いです。オシッコの量が少なくなったら血液透析しか出来ませんが、現時点ですとCAPDという腹膜を使って透析をする治療法があり、血液透析が始まるのを数年遅くすることが出来ます。』
と言う説明を行って導入するのが理想ではないかと考えています。

数年後に、『そろそろ尿が少なくなり血液透析を導入する時期が来ました。シャント手術をしましょう。』
と言って、週1回血液透析併用のCAPD、そして血液透析に移行していくのです。

きちんとCAPDが血液透析を受ける前にする治療であり、時期が来たら血液透析に移行すると言う事を説明してあれば、CAPDをずるずる続けて透析不足になることを避けられるのではと考えています。

郡山でも鳥インフルエンザ

2011年01月20日|カテゴリー:生活 / くらし

鳥インフルエンザ:福島・郡山でも カモから強毒性H5N1型

 福島県は19日、同県郡山市豊田町の市豊田浄水場貯水池で見つかった渡り鳥「キンクロハジロ」(カモ科)の死骸2羽から、強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。

毎日新聞 2011年1月20日 東京朝刊
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今朝、インターネットのニュースで郡山でも鳥インフルエンザ感染の鳥が見つかったというニュースを知りました。
しかも、強毒性だそうです。

まあ、人ごとの様に思っていたのですが、妻から我が家のすぐ目の前にある貯水池と聞き、とてもビックリしました。

鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは少ないようですが、例外的に一部のウイルスが人に直接感染することもあるそうです。

ただ、感染しているケースでは、野生鳥などの体液・排泄物への濃厚な接触が原因となっているようで、我々が通常の生活を送っていれば感染する可能性はきわめて低いと書かれていました。

少し安心したのですが、先日マイカーに鳥の糞が付着していたことを思い出しました。
天気は悪いですが、気味が悪いので洗車に行ってこようかなと思っている私です。

--------

デュタステリドのことで。

2011年01月20日|カテゴリー:診療

1月16日の記事でブログでデュタステリドが前立腺肥大症の方にとても効果が有る薬だと書きました。

ただ、先日来院した患者さんではちょっと気になる事がありました。
このデュタステリドを飲んでいる方で全然良くならないという方が来院されました。

お話を聞いたところ、通院中の内科の先生から、『高齢男性で排尿障害があるので前立腺肥大症だろう、それならば新しい薬が出たので飲んでみなさい』と言われたそうです。

実際に超音波検査を行い前立腺の大きさを測定しましたが、正常より小さいのです。
つまり、肥大症があって尿道が圧迫されて出が悪いのではなくて、膀胱の働きが悪い神経因性膀胱のため出が悪いことが分かりました。

この場合でも、尿道を広げるα-1ブロッカーと言う薬は、膀胱が縮まるときに尿道の抵抗を少なくするので有効ですが、デュタステリドは単に前立腺自体を小さくするので有効ではありません。

少なくとも、デュタステリドを投薬する場合には、超音波検査で前立腺肥大があるか確認してから処方すべきだと改めて感じました。

--------

手打ちくん

2011年01月16日|カテゴリー:生活 / くらし

クリニックの近くに昨年ラーメン屋さんが出来ました。
昨年と言っても半年以上前だと思います。

名前が、「手打ちくん」と言う名前です。
この名前を見て、臆病な僕はなかなか行く勇気が湧きませんでした。

日曜日にたまたま子供たちを連れて昼ご飯を食べる事になり、それではと「手打ちくん」に行ってみました。

なんだか普通のラーメン屋さんとは違う門構えなんです。
店の前の駐車場は一杯で、ちょっと離れた駐車場に車を置きました。
入店時はそれほどお客さんも多くは無かったですが、お昼過ぎにはほぼ満席になっていました。

注文はワンタン麺が有ったので頼んでみました。

先ずスープを飲んでみましたが、あっさりしていて美味しいと思いました。
ワンタンも美味しく、もちろん麺もgoodでした。
子供たちも喜んで完食となりました。

用事があり来られなかった妻に報告したところ、とても羨ましがられました。
今度はみんなで行きたいと考えております。

LOH症候群にデュタステリドが有効かもしれない。

2011年01月15日|カテゴリー:診療

一昨日、デュタステリド(商品名アボルブ)の講演会がありました。
前立腺肥大症治療薬として発売1周年を迎えた薬です。
日本大学教授の高橋悟教授の講演でした。

当院でも、この1年で多くの方にこの薬を処方させていただきました。
そして、多くの方から良く効く薬だと評価されました。
これまでこの薬については前立腺自体を小さくする薬という認識しかありませんでした。
しかし、今回の講演を聞いて、この薬が実はとてもすごい薬かもしれないと感じさせられました。

それでは、この薬がどの様にして効果を発揮するのかから書いてみます。
精巣から代表的な男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。
活発なテストステロンである遊離テストステロンが5α還元酵素という酵素と結びついて、さらに活性の高いジヒドロテストステロン ( DHT ) に変化します。

DHTには、

薄毛
体毛の増加
精力減退
前立腺肥大

などの作用があります。

デュタステリドは5a還元酵素を阻害する薬で、DHTを抑制して肥大した前立腺が縮小させ、排尿状態を改善させます。
これまでの研究で、1年間投与することで、前立腺の容積が33.8%減少したと報告されています。


テストステロンが5α還元酵素によってDHTとなり肥大症を起こす


アボルブは1型2型の5α還元酵素両方をブロックしてDHTを作らせない

実は、2型の5α還元酵素をブロックする薬が男性脱毛症の薬であるフィナステリド(商品名プロペシア)です。
もちろん、デュタステリドにも育毛の作用が有ります。

 

それでは、タイトルとした『LOH症候群にデュタステリドが有効かもしれない』と言う話に移ります。

デュタステリドはテストステロンがDHTになるのを防ぐ薬です。
つまり、テストステロンが変化するのを防ぐ薬です。
研究の結果、デュタステリドを投与した後の血液中のテストステロンの値は18.8%上昇したそうです。
つまり、テストステロンが低下するLOH症候群に有効な薬である可能性があるという事です。

この薬は前立腺を小さくさせて効果を発揮する薬として知られており、前立腺を小さくするには半年かかると言われています。
しかし、この薬を投薬して間もない方からすごく良く効いたと言われる事が有ります。

もしかしたら、前立腺肥大症にLOH症候群を合併している方が内服すると、テストステロンの数値が上昇して飲んでから早期に症状が良くなった可能性があるというのです。

LOH症候群の治療薬は、これまでテストステロンの注射や塗り薬しかありませんでした。
しかし、デュタステリドがテストステロン値を上昇させるならば、LOH症候群を治療する内服薬として使えるかもしれないという事になります。

今後はさらに多くの方がこの薬を内服していくと思います。
その経過を見ていくことで、前立腺を縮小させる以外の効果がはっきりしてくるのだと思います。

今回は、デュタステリドの魅力がとてもよく分かった講演会でした。
今後の診療に役立てていきたいと考えております。

図はGSK社ホームページより引用
http://avolvebph.jp/info/page02/index.html


--------

インフルエンザにご注意を

2011年01月14日|カテゴリー:診療

最近インフルエンザが流行ってきているようです。
当院でも、今月に入り数名の方がインフルエンザA型陽性でした。

県北では学級閉鎖した学校も有る様です。

日常生活では、体力をつけ、抵抗力を高めることが大切です。
無理をしないようにしましょう。

また、人混みではウイルスに感染する可能性が高くなりますので、人混みを避けましょう。

インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、加湿器などで室内を適度な湿度に保ちましょう。

そして、外出から帰ったら、手洗い、うがいを励行しましょう。

--------

1月17日月曜日より月水金の午後の透析が始まります。

2011年01月10日|カテゴリー:診療

援腎会すずきクリニックでは、1月17日月曜日より月水金の午後の透析を開始いたします。
開始時間は13時半から14時頃を検討しています。
ご興味が有りましたらお問い合わせください。

--------

ヘルケルベクス売り切れ中

2011年01月09日|カテゴリー:生活 / くらし

ベイブレードをご存知ですか。
子供たちの間で流行っているベーゴマの現代版の様なものです。
ベイゴマに比べ、ベイランチャーというコマを回す道具を使って誰でも簡単に回せる事が子供たちに人気がある秘密かもしれません。
我が家の4才の次男も簡単に遊ぶことができます。

それぞりのベイブレードには名前が付いています。
昨年末に最新版ベイブレード ヘルケルベクスが発売になりました。

長男が雑誌を読んで欲しいと言ったので、もらったお年玉でイトーヨーカドーに買いに行ったのですが、売り切れていました。
トイザらスも他のおもちゃ屋さんでも売り切れで、ネット販売もほとんどのお店が発売前の予約販売で売り切れと言う状態であるか、プレミアが付いて高値になっていました。

その秘密は、他のベイブレードが45mmのサイズに比べ、ヘルケルベクスは50mmあって、コマが回っている持続力が長いとのことにあるようです。
友達とコマをぶつけ合ってどちらが長く回っているか勝負する訳ですので、売り切れ続出は当たり前ですね。

ところが、そのヘルケルベクスがたまたま行ったセブンイレブンに有ったのです。
ビックリしてすぐに購入しました。

回っている所を撮影しましたが、さすが最近のデジカメは綺麗に取れています。
黄色いのがヘルケルベクスで、白色に青と赤がメテオエルドラゴンです。
最近までこのメテオエルドラゴンが我が家のベイブレードの中では一番強いベイブレードだったのですが、さすがにヘルケルベクスには勝てなかったようです。

1人でこもってテレビゲームをしているよりも、元気にベイブレードをしている方が子供らしくて良いのではと思っています。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ