福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

4月6日(水)は、外来診療を臨時休診いたします。

2011年02月28日|カテゴリー:診療

平成23年4月6日(水)は、泌尿器科・内科の外来診療を臨時休診いたします。
透析診療は通常通り行います。
ご了承のほど宜しくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小中学校の入学式や卒業式が重なります。
3月23日の卒業式は、スタッフ5人がお休みです。
この日はなんとか持ちこたえる事が出来ますが、4月6日の入学式はスタッフ6人が休みます。

透析と外来両方を行うことは出来ず、外来休診としました。
でも、せっかくの卒業式や入学式ですから、心置きなく楽しんできて欲しいです。

院長は出られないんだぞー!
と、独り言

受付終了時間変更のお知らせ

2011年02月24日|カテゴリー:診療

現在、月曜日から土曜日までの午前の診察時間は9時30分から12時30分です。
診療時間の変更はありませんが、4月1日より午前中の受付終了時間を12時までとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

尚、月曜日午後は、手術や検査を行っています。
一度手術や検査が開始すると待ち時間がかなりかかる可能性が有りますので、ご了承ください。

--------

『逸脱する“病院ビジネス”』NHK取材班

2011年02月22日|カテゴリー:診療

『逸脱する“病院ビジネス”』と言う著者NHK取材班という本を読みました。

NHKで放送されている追跡A toZと言う番組で映像にできなかった内容を本にしたものです。
僕はその番組自体を見てはいませんが、ネット上の書き込みで面白かったと書かれていたので読んでみました。

内容としては、生活保護受給者を対象に過剰診療を行ったり、診療報酬不正請求のカラクリを取材した本で、随分長い間〝医療関係者〟の肩書きが付いている僕にも十分ショッキングな内容の本でした。

先ず最初に、以前逮捕されて話題になった奈良の山本病院の話。
家族がいなく、本人からも文句が無い生活保護の患者に、明らかに癌でないのに治療を行い死なせた話。
立件されたのはこのケースだけですが、他にもかなり多くの方が犠牲になっていたようで、最初から医療の根底を覆す様な話でした。

次に、なぜこの様な病院に生活保護者が入院するのか調べ、NPOと称する人たちが路上生活者に声をかけて入院させ、長期入院となると保険点数が下がるので、入院する病院を転々とさせて利益を出していると言う話。

その他、治療が必要ない患者をハイヤーで集めてきて無理矢理治療を行うことや食い物にされている老人介護の話など、田舎に住んでいる私たちにとっては信じられない内容でした。

そして最後にレセプト病名などの問題が書かれていました。
ただ、そこに書かれていたことは、これまでも言われている問題点の羅列であり、一部の業者の問題を医療全体の問題とごちゃ混ぜに書いてあるので、文章の全体がぼやける感じがしてここの章は余計だった感じでした。

全体的にはとても面白く、こんな事が日本で起こっているのか、この様な事に対してはもっともっと怒った方が良いと感じた本でした。

--------

ドクターヘリ

2011年02月19日|カテゴリー:診療

先日、医科大学の救急救命部に勤めている同級生が福島県のドクターヘリについて講義をしてくれました。

これまであまり関心が無かったのですが、すごい事をやっているのでちょっと書いてみます。


福島県ドクターヘリのホームページより

事故などで救命救急が必要な患者さんが発生した場合には、現場から救急車の要請があり、救急車が患者さんを乗せて病院に向かうのが普通です。
患者さんの状態が悪く一刻を争うときには、病院に患者さんを届けている間に状態が悪化する事もあります。
そのため、以前勤めていた太田西ノ内病院にはドクターカーがあり、医師が駆けつける体制が出来ていました。

ただ、福島県は山間部が多く、田舎に行けば行くほど救命率が下がります。
ドクターヘリは、その事故現場に医師と看護師を送り届けることで、医師が行える緊急処置を早急に出来る様にしたものです。

ドクターヘリは、東北地方で初めて福島県に導入され、平成20年1月から福島県立医科大学附属病院に常駐し、救急要請があると救急救命部の医師と看護師が出動しています。

要請の電話が入り、ヘリポートまで急いで駆けつけて2分。その後ヘリコプターで猪苗代くらいなら10分で到着するそうです。
ですから、事故現場にその地域の救急車両が到着する頃に救命救急の医師と看護師も現場に到着するというのです。
これまでも生死をさまよったたくさんの方の命が救われてきたそうで、現在では1日1件以上の出動回数となっています。

この体制を救急科の医師7名で維持しているとのことです。
自分が当番の時は、いつ呼ばれるか判らない状態でいつでも行ける体制を整える事は大変でしょう。
食事も麺類は食べられないんだなんて言っていました。

ヘリコプターに乗って山間部に行くことが多いですが、常に天候が良いわけでもなく、着陸する場所も良い場所が無い場合もあるそうです。

身体を張って救命救急に取り組んでいる事を聞いてとても尊敬しました。
まあ、高所恐怖症の僕では絶対に出来ない仕事です。

http://www.fmu.ac.jp/byoin/DrHeli/index.html

福島県ドクターヘリのページです。
ご覧になってください。

沖縄ダイニング な美ら

2011年02月17日|カテゴリー:生活 / くらし

郡山の内環状線を、さくら通りとの交差点を超えて南に50mほど進むと〝沖縄ダイニング な美ら〟と言うお店があります。

昔は、ビューホテルの裏に有った沖縄物産展のお店だったと思うのですが、豊田町にやって来て食事も食べられる様になりました。

僕は、ソーキそば好きなので、家も近い事もあり時々行っています。
先日久しぶりに言って来ました。
妻と子供たちがソーキそばを注文しました。

うどんと少し似ています。太いストレート麺です。
三枚肉が乗っていてとても美味しいです。

僕は、タコスの具がご飯に乗った沖縄名物〝タコライス〟を食べました。

島とうがらしケチャップをかけて食べるとやみつきになる味です。
一緒に付いてきたもずくスープもお勧めです。

夜もやっているので、一度飲み会もかねて行ってみたいと考えています。

--------

すずきクリニックは木曜午後休診です。

2011年02月17日|カテゴリー:生活 / くらし

すずきクリニックは、木曜日と土曜日の午後は休診です。
でも、透析が終わるのが14時くらいなので、ランチを食べには行けません。

土曜日は、太田西ノ内病院の透析診療を月2回行っていますし、研究会なども有りますので、午後はほとんど用事があります。
木曜日は、いつも長男のスイミングの応援だったのですが、長男のスイミングの曜日が変わり、最近は時間が空いています。

4月からは看護学校の講義をお願いされているので忙しくなりますが、今はちょっとした時間が出来ていて、逆に何をして良いのかとまどっている感じがします。

今日は、次男坊の幼稚園のお迎えをして、その後次男坊とお散歩。
モールに行って、本屋さんやパン屋さんを回りました。

そしてステラおばさんのクッキーで一緒にティータイム。

次男坊は、360円の子供パフェを頼み、私はパウンドケーキがついた珈琲を注文して、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

夜は透析に関する勉強会が有ります。
明日の診療の為にじっくり知識を身につけてきたいと思います。

HappyBerry のロールケーキ

2011年02月14日|カテゴリー:グルメ / お酒

郡山市の20kmくらい南に矢吹町という町が有ります。
そこで、HappyBerry というケーキ屋さんがあり、美味しいという話を聞いていました。
先日、やっと食べる機会が出来ました。

ふんわりとしていて美味しそうです。

切ってみると大きなイチゴが丸ごと入っていて、スポンジもふわふわで、生クリームも甘すぎず美味しかったです。

シルシルミチルのAD堀くんみたいなコメントになってしまいました。
日曜日に移動してからは一度も見ていないので、食べ歩きのコーナーはまだあるのだろうか。

ということで、また食べてみたいお店です。

看護師さん募集

2011年02月10日|カテゴリー:診療

すずきクリニックでは、透析室で仕事をして頂ける看護師さんを募集しています。
詳細はホームページのスタッフ募集をご覧ください。
http://enjinkai.com/recruit/index.html

 

年末にも募集をかけて、透析室で元気に働いてくださる看護師さんが我々の仲間に加わってくれました。
しかし、今年になり当院で透析を受けたいと希望された患者さまが数名来院されました。

今後、このままですと月水金午後の透析室スタッフが足りなくなってくる可能性が出てきました。
そのため、再度看護師さんの募集を行うこととし、本日配られるザ・ウイークリーに求人広告を掲載しました。

理想の透析室を目指し一緒に働いて頂ける看護師さんを募集しています。
ご応募お待ちしています。

 

--------

血液ろ過透析(HDF)について2

2011年02月06日|カテゴリー:診療

それでは、HDFにはどのくらいの効果があるのでしょうか。

1.普通の透析で取りきれない老廃物の除去

β2マイクログロブリンを除去し透析アミロイドーシスを改善させる他にも、手根管症候群、心臓などの各種臓器へのアミロイドの沈着、破壊性脊椎炎などの合併症を予防し、全身の痒み、下肢のいらいら感などの不愉快な症状、不眠、色素沈着を改善すると言われています。

2.透析中および普段の血圧の安定

HDFは透析中に血圧が低下する透析困難症に有効だと言われています。そして、普段の血圧も落ち着いてきて降圧剤を減らせる場合があります。

3.貧血の改善

造血阻害因子の除去により貧血が改善すると言われています。

4.食欲の改善

不必要な老廃物が除去されることで、調子が良くなり多くの方が食欲が出てくるといわれます。

----------------------------------------------------------------------------------

これだけ効果があると言われているのに、HDFが主流の方法とならない理由はなぜなんでしょうか。

HDFには専用の透析機械が必要であり、高価なため、普及していないという理由がまず1つです。
そして、ボトルタイプの点滴を大量に使用するので、そのコストがかかり、現在の医療費削減の方向では、全ての患者さんに濾過透析を行うことは許されず、施設の中でも限られた患者さんに対し行っているのが現状です。

一般的には、透析をはじめてからの期間が長い患者さんで手根管症候群、異所性石灰化による関節痛があってアミロイドーシスなどの問題を抱えている方、そして透析困難症で透析中に血圧が下がってしまう方をHDFの適応としています。

--------

オンラインHDFのメリット、デメリット

2011年02月04日|カテゴリー:診療

前回は、オンラインHDFの患者さんにとってのメリットを書きました。
それでは、我々透析を提供する側からのメリット・デメリットはどうでしょうか。

まずは、クリニックにとってのデメリットです。

1.透析液清浄化の為の設備投資がかかる。

透析液を全くの無菌状態にするためには、エンドトキシンカットフィルターを使うだけでは非常に心許ないです。
そのため、RO装置の段階から徹底的に透析液の清浄化を行っています。

2。エンドトキシンカットフィルターの使用量が多い。

さらに、オンラインHDFを行うために、透析コンソールの手前では、エンドトキシンカットフィルターを2本直列に使用しています。

3.透析液清浄化の確認の為のコストがかかる

通常では行わない頻度でエンドトキシンの測定と細菌培養を行っています。

4.通常透析では必要ない輸液ポンプが必要

透析では輸液ポンプが1台で済みますが、HDFを行うためには2台必要です。

5.診療報酬に規定されていない。

現時点ではオンラインHDF専用装置は厚生労働省から認可されていますが、オンラインHDFそのものは保険に未収載です。


オンラインHDFのメリットについて書きます。

1.患者さんが元気になる。

透析中の状態悪化も少なくなり、スタッフの手間が少なくなる。スタッフも常に状態が悪い患者さんに対応するストレスが無くなる。

2.状態がいい。

入院や死亡率が減るので、患者さんが減らない。
当院で透析を導入する人はいません。受け入れているだけです。
その方たちが減ることはなるべく避けたいことです。

3.包括化されているエリスロポエチンの使用量が少なくなる。

以前の福島腎不全研究会の発表で、当院に転院した患者さんのエリスロポエチンの使用量は転院時の半分以下になっています。

などがあります。

でも、一番のメリットは、
オンラインHDFは、常に医療者も患者も前向きに治療に取り組むことが出来る治療である事だと思います。

 

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ