福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

全原発停止なら失業者20万人増…エネ研試算

2011年07月29日|カテゴリー:生活 / くらし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原発事故が終息していない現状で、良くこんな事を発表できるなとただただ呆れます。
失業者が20万人と言いますが、現在避難している人も10万人くらいいるのではないでしょうか。
しかも、これは自然エネルギーへの転換を計ることで生まれる新たな雇用は全く入れていない数値です。

原子力発電を継続しないと貧乏になると言う事を書きたいのでしょうが、家を追われ、田畑を失い、職を失った人がたくさんいます。

60kmも離れた郡山や福島でも子ども達がどんどんいなくなっているのが現状です。

とても腹が立ちました。

--------

避難所のボランティア医療班の活動

2011年07月28日|カテゴリー:診療

先日、医師会の夏の集いがありました。
郡山の避難所で診療をしている双葉郡医師会長・井坂晶先生(富岡中央医院/富岡町)の講演会が行われました。

題名は、
『東日本大震災に於ける避難所のボランティア医療班の活動』
でした。

原発事故の次の日早朝に1号機が水素爆発したため、避難指示が出され、30km離れた川内村に避難し、川内村の診療所で救護活動を行い、3号機爆発のため川内村と共にビックパレットに逃れ、ボランティア医療班活動を開始したそうです。

ビックパレットで、救護活動から始まり、精神面のケア、栄養食事指導、そして慢性疾患の管理、そして集団生活ですので感染症対策、エコノミー症候群の予防など幅広く活動された事を知りました。

着の身着のまま逃げてきて、なおかつ避難所で診療を続けてきた先生方の献身的な働きには頭が下がりました。
今後は、大玉村に仮設診療所を設置し診療を行っていくそうです。

たまたま、救護活動をしていた先生の1人が大学時代に一緒に救急医療を行っていた先生でしたので、久しぶりの再開で話が弾み楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 


--------

大衆居酒屋 暁

2011年07月26日|カテゴリー:グルメ / お酒

郡山市麓山通りで、水道局の斜め前に〝大衆居酒屋 暁 〟があります。
このお店は大衆居酒屋と言う事で昨年オープンしたのですが、おでんがとても美味しいお店です。
最近はおでんに特に力を入れて、大衆居酒屋というよりはおでんに特化したお店となっています。

先日頼んだおでんです。
おでんは小田原が美味しいそうで、小田原風おでんとのことです。
出汁はどちらかというと関西風の出汁となっています。

手前が豚足、ジャガイモ、左からはんぺん、昆布、ソーセージ、トウモロコシ、牛すじです。

どれも美味しいですが、大きな牛すじ、柔らかくてぷりぷりした豚足が美味しいですよ。
他にも、大きなツブやトマトのおでんもあります。

このジャガイモは、揚げて上に塩からとバターが乗ったジャガバターになっても美味しいです。

最後は、厚揚げがご飯の上に乗ったおでん茶漬けでしめると満腹になります。

実は、このお店はとっておきのお店で、あまりブログには書きたくなかったのですが、震災後は客足も少ないとのことなので、微弱ながらこのブログでも紹介させてもらいます。

カルチャーパークのプール再オープン

2011年07月26日|カテゴリー:生活 / くらし

郡山市民の憩いの広場、カルチャーパークのプールが7月6日より再オープンしたそうです。
毎年、夏になると週末は子ども達でいっぱいのプールです。

我が家も毎年利用してきました。

今年は、高校生以上が利用対象となっています。

もちろん、中学生以下が利用対象となっていないのは、放射線量が高いからでしょう。
プールサイドで1マイクロシーベルト以上は線量があるようです。

プールをオープンすることについては様々なご意見があると思います。
その事についてここで言うつもりは無いですし、市役所の方も苦渋の決断だったのではと思います。

それよりも、福島県民が今苦しんでいる事を全国の方に伝えたいです。


当たり前のことが出来ないのです。


全国の皆さん、どうか現在の福島の状況をしっかり見てください。
今後、原発についてどう考えるかの参考になると思います。

--------

透析用水の水質検査

2011年07月25日|カテゴリー:診療

今回の震災直後の水道が再開通した時点では、かなり汚れた水が流れてきて、プレフィルターが真っ黒になりました。

震災後、少し落ち着いたので、貯水槽の清掃を行いました。

報告書には水槽が綺麗になった写真も写っていました。

清掃と共に透析用水の検査を行いました。
以下に結果を示します。

一般細菌、大腸菌や塩化物イオンも異常なしで、TOCも基準以下となっていました。

今回は、透析液清浄化ガイドラインに載っていたカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、銅、バリウム、亜鉛、アルミニウム、鉛、銀などの項目も測定しました。

透析液清浄化ガイドライン Ver. 1.06を参考に測定しましたが、 特殊検査のようで、数万円の追加費用がかかりビックリました。

 

http://www.jacet.or.jp/cms/10topics/guideline_Ver106.pdf

 

きちんとした透析を行っていくには必要な検査ですので、定期的に続けていきたいと思います。

 

--------

福島市、給食の放射性物質を測定…2学期から

2011年07月24日|カテゴリー:生活 / くらし

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20110722-OYT8T00690.htm

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初はかなり動きが悪かった福島市が頑張っていますね。
福島市議会議員選挙が近いので、少しやる気が出てきたのでしょうか。

郡山も頑張れ!

--------

「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏

2011年07月24日|カテゴリー:生活 / くらし

asahi.com 2011年7月24日

http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY201107230699.html

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方の考え方は明らかに間違っています。

我々はレントゲン撮影を行うときに、レントゲン室を放射線管理区域としてそこで働くスタッフの被曝量を厳重に管理しなければなりません。
そのために、フイルムバッチをつけて医療行為を行っています。

原子力発電所ですので、そこで働く作業員はさらにしっかりした管理がなされて当然です。
今回の事は、その義務を違反していますので、分かっていてつけていなかったのならば労働者と原発労働者を管理する東電を処罰しなければなりません。

ただ、原発事故直後の動乱の中で線量計が足りずにやむを得ず計れなかったならば仕方がないでしょう。

でも、その検証はされていません。
ましてや、線量が超えてしまうことを恐れてつけなかったと言う行為を管轄する大臣が賞賛すると言うことはありえません。

本来正しくあるべき事が出来なかったのですから、我々が美談とすることがあっても、管轄の大臣が美談にすべきではないと思います。

福島県産の食材は大丈夫なのか

2011年07月22日|カテゴリー:生活 / くらし

http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000001107210001

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全く放射能汚染の恐れが無い宮崎県で、学校給食に対して福島産を名指しで「排除」してきました。

環境放射線量の高い福島県に住んでいる子供たちが、地元で取れた食材を使った学校給食を食べている現状とあまりにかけ離れています。

福島県は、きちんと大丈夫であるという根拠を示して、宮崎県に講義すべきです。
それが出来ないなら、我々の子供たちに福島の食材を与えてはいけません。

僕の考えでは、規制値以下の食材を使っていると言う事では駄目だと思います。
子供はより慎重にしなければいけません。
食材は最低限NDの物を使って下さい。
しかも、今回の牛肉の事も有りますから、調べないで大丈夫と言わないで、我々が安心できる様にきちんと給食自体の検査をして下さい。
そうでないと、どんどん子供たちが福島から居なくなってしまいます。

 

 

--------

ラーメン居酒屋ペニーレイン

2011年07月22日|カテゴリー:グルメ / お酒

以前、クリニックの近くに「手打ちくん」と言う名前のラーメン屋さんが出来たことを記事にしました。

http://blog.m3.com/ennjinnkai/20110120/1

 

震災後に行ったところ、改装のため1ヶ月ほどお休みすると書かれていました。

先日ランチに行ってみたところ、以前の手打ちくんとは全く別な

〝ラーメン居酒屋ペニーレイン〟

と言うお店に変わっていました。

以前のお店が↓↓↓ですので、全然違いますよね。

内装も洋風酒場の様になっていました。
雰囲気も全く違います。
洋風酒場に変わってカウンターバーまで出来ていました。

昼間はラーメン屋さん、夜はラーメン酒場で頑張るようです。
店内に掲示してあったメニューも豊富ですので、値段もリーズナブルでした。

このお店ですが、ラーメンも美味しいですが、ミニソースカツ丼が有って、これが実は絶品です。

日中は、ラーメンとこのミニソースカツ丼がセットになったラーメンセットもありますので、お勧めいたします。

--------

教職員の先生方の異動について

2011年07月20日|カテゴリー:生活 / くらし

東日本大震災の影響により、小中学校の先生方の転勤が4月から8月に変更になりました。

それにより、学級の担任が1学期終了時点で転勤してしまうということが起こることとなりました。
これは、ある程度仕方が無いことかも知れません。

昨日、学校の先生の人事異動について子供が通知を受け取り帰ってきました。
7月29日が離任式で、7月26日の新聞発表で異動が分かるそうです。
そして8月1日から異動です。
これは、毎朝通勤途中に会う校長先生にも聞いたのですが、新聞発表まで分からないと言っていました。

8月1日異動ですので、担任の先生が学校からいなくなることが7月26日まで分からず、7月29日に用事が有ればもう会うことも出来ないことが考えられます。

中学生の場合、中体連の途中でいきなり監督がいなくなることもありそうです。

今年の夏休みは放射線量の高い福島・郡山から一時的に遠方に行く子供がいたり、サマーキャンプに参加する子供がたくさんいます。
7月29日に学校に行けない子供がたくさんいる事は分かっているはずです。

これだけ子供のメンタルケアが必要な時にあまりにも配慮が足りないのではないでしょうか。
もう遅いですが、せめて終業式に異動する先生が生徒にお別れをすると言う配慮がされないのでしょうか。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ