福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

月別アーカイブ

朝日新聞に掲載された意見広告

2011年10月21日|カテゴリー:生活 / くらし

本日の朝日新聞に、櫻井よしこ氏が意見広告を載せました。

選ぶべき道は脱原発ではありません

 原発事故で大きな岐路に立つ日本。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女川は、たまたま大丈夫だったとは考えないのですか。

これほどの事故を起こした日本の原発技術が優秀だと言えるのですか。

今、福島県民がどれだけ苦しい状況にあるのかは無視するんですか。
福島県民が苦しんでも国益を優先させるのですか。
そんな国益有りますか。

コスト的にも大きな事故を起こした場合のコスト、廃炉のためのコストなどを考えると決して安価ではないですよ。
もうばれているんですよ。

ソイッシュ

2011年10月20日|カテゴリー:生活 / くらし

薬の問屋さんが、なぜか大塚製薬から出されている、〝ソイッシュ〟を数本持って来てくれました。

http://www.otsuka.co.jp/soysh/

 

ソイッシュは、大豆を丸ごと炭酸飲料にしたものだそうです。

昨日もらって一本飲んだのですが、凄くびみょーと言うのが飲んだ印象でしたが、

キャッチフレーズの、

身体がだんだん好きになる

と言う言葉通り、本日再度飲んだところ、ちょっと良いかもと言う印象に変わりました。

ソイッシュにはまっていくかもしれません。


追伸)

記事を書いて、そのままにしていました。
本日、やっと最後のソイッシュを飲みました。

僕にはあまり合わないようです。
問屋さんと大塚さんごめんなさい。

--------

環境放射線量

2011年10月20日|カテゴリー:生活 / くらし

クリニックは医療機関でレントゲン透視室があります。
我々は、放射線管理者としてフイルムバッチの装着を義務づけされています。

通常は、コントロールとして決められた場所の1ヵ月間の放射線量を測定し、放射線業務に携わる医師や看護師が身につけたフイルムバッチの放射線量との差を求め、被曝があるかどうかを確認しています。

さらに、年2回ほど、レントゲン室からの放射線の漏洩が内かどうかを確認するために、レントゲン室の周囲4面とレントゲン室の真上の放射線量を測定しています。

震災後、コントロールを含め、測定した実測値を知ることが出来ました。
結果をブログで公表したいと思います。

一番上は、レントゲンの漏洩検査の数値です。
昨年11月、今年の3月、9月の室内および外壁の放射線量となります。
たまたま、原発事故があった3月に外壁の放射線量を測定しています。
一ヶ月で、1.27ミリシーベルトの放射線量でした。
5月からは定期的にクリニック外壁の放射線量も測定しています。
参考にしてください。

震災前のコントロールの値ですが、一ヶ月平均0.143ミリシーベルトです。つまり143マイクロシーベルトとなります。
これを24時間30日で割ると、

143/30/24=0.2マイクロシーベルトとなります。
つまり、震災前でもクリニックでは0.2マイクロシーベルト毎時の放射線を受けていた事になります。

震災後の直近のコントロール(室内)9月のデータが0.19ミリシーベルトです。
0.19-0.143=0.047ミリシーベルト=47マイクロシーベルトです。

47/24/30=0.065マイクロシーベルト毎時です。

外壁は、0.53ミリシーベルトですので、

0.53-0.143=0.387ミリシーベルト=387マイクロシーベルト

387/24/30=0.5マイクロシーベルト毎時でちょっと高いですね。

外出をあまりしなければ、生活出来ないレベルでは無いです。
ただ、知り合いの自宅で室内で1マイクロシーベルト毎時あるお宅もありますので、一概には言えません。
でも、現状は逃げ出すほどのレベルでないと考えています。

ただ、生活は窮屈です。
食べ物は選ばなければなりません。
子ども達を外で遊ばせる事もできません。

でもね。
家族が離れて生活する事を考えると、ここで仲良く暮らしていくのが一番良いのではと考えています。

福島の放射線量

2011年10月20日|カテゴリー:生活 / くらし

東京で、雨水が溜まるような所にたくさんのホットスポットが見つかりニュースになっています。
でも、それはホットスポットの数㎝近くまで線量計を近づけての数値です。
それに対し、福島で発表される放射線量の数値は、周囲にある線量が高いようなものの影響が受けなく、地上1mの地点で測っています。

だから、ある新聞ですが、

東京都足立区は17日、同区東和の区立東渕江小学校の敷地内で、毎時3・99マイクロ・シーベルトの放射線量を検出したと発表した。
福島第一原発事故で計画的避難区域に指定される福島県飯舘村八木沢で17日に計測された放射線量は毎時3・7マイクロ・シーベルトだった。

なんて記事を書くのはナンセンスなんです。

実際、僕が住んでいる町内会の方が測って定期的に配ってくれている数値ですが、

一番高い地表10cmで3.54マイクロシーベルトが1mで1.21マイクロシーベルトまで下がります。

ただ、東京でホットスポットが見つかり大騒ぎすることは悪いことではありません。
福島市の渡利では、先日ニュースステーションで特集していましたが、至る所で10マイクロシーベルト以上の場所があるようです。

年間の累積放射線量は20ミリシーベルトを超える部分があちこちにあるのに、政府や福島市は除染を優先させて避難は考えていないと言うのです。

住民が希望すれば線量が高いのですから避難の費用を出せばいいのです。
予算を決めていて、費用がかかりすぎるからやらないとしか考えられません。
このような状況を日本中に知ってもらうためには、東京のホットスポット騒ぎもいいかもしれませんね。

--------

県民健康管理調査 基本調査 問診票

2011年10月18日|カテゴリー:生活 / くらし

福島県と福島県立医科大学から県民健康管理調査 基本調査 問診票が届きました。

10ページからなる調査票ですが、かなり細かく面倒ですね。

まずは、記入した日付、回答者、氏名、年齢、住所続いて、次のページにはどの様な建物に住んでいたかと言う記載となります。

そして、ここからが3月中に滞在していた場所での行動を記載するページになります。
3月11日から3月25日までの2週間の間、24時間の行動を書き込まなければならないので大変です。

ちなみに、ぼくは、最初の3日間はクリニックに24時間ずっといて書くのはあまり苦では無かったです。

3月26日から7月11日まではどこにいて定期的にどこに通っていたかを各ページです。
これ自体はそれほど大変では有りません。

でも、仕事がない日曜日や休みの日は別に書かなくてはなりません。
これはかなり大変かもしれませんね。

最後に、3月中に何を食べていたのかの記載で終了です。

だんだん、書くことが大変に感じてきました。
ブログ書いていたら、この問診票を書く気力が無くなってきました。
全て書くためにはかなりの労力が必要かと思います。

 

無線LAN体重計 WiFi Body Scale

2011年10月18日|カテゴリー:生活 / くらし

常々ダイエットをしなさいと妻より言われています。
毎日3kmの徒歩通勤をしていますが、もう少し節制しない駄目なようです。

とりあえず、毎日体重計に乗って体重を記録することとしました。
それで、いろいろ探したところ、無線LANに対応していて、WiFi機能でパソコンやiPadにデータが送れる〝WiFi Body Scale〟と言う体重計を購入しました。

これは、体重と体脂肪、BMIが無線LANで勝手に送られて、パソコンから閲覧・管理できると言う画期的な装置です。

他のメーカーの体重計で、パソコン上でデータ管理をできるものもありますが、データをSDカードに落としExcel 出力するなど面倒であり、管理ソフトがMac対応で無かったりと使いづらいものが多いです。
勝手にパソコンにデータが送られてしまうと言うのはとても便利です。


メーカーサイトより


メーカーサイトより

実は、これ、Twitter連携機能搭載も付いています。
Twitterをしている方で、

My weight: ○○kg. withing体重計が計測ごとに自動的にtweetしています。

と言うつぶやきをしている方がいますが、これはこの体重計に乗ると自動的に体重が送られ、ネット上で公表されてしまい、いわゆる公開ダイエット方式になります。

妻からはTwitter連携機能搭載も使って公開ダイエットをしなさいと言われていますが、それについては現在検討中でございます。

 

福島米、不検出のみ販売 安全性アピール 全農県本部

2011年10月14日|カテゴリー:生活 / くらし

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/10/20111014t65020.htm

 



2011年10月14日金曜日

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福島県産の米は暫定基準値以下だと県知事が安全宣言しましたが、相変わらず県知事は東電の味方なんだなと思いました。


この記事を見て、全農さんよく頑張ってくれましたと言いたいです。

これで、福島でも外食出来ますし、子ども達が給食を食べてもそれほど心配しなくてすみそうです。

 

不検出以外の米は、全部東電に買い取ってもらえばいいのです。

まずは県民に安心な食べ物を提供する事を考えてもらい鯛です。

(もらい鯛と変換されましたが、気分がいいのでそのままにしておきます。)

そうすれば、農作物も売れる様になります。

 

東電も売れない分を賠償するより、売れるものをきちんと売ってもらい、残りを賠償する方が賠償金は少なくなると思いますよ。

 

ジンギス厨房 チャップ

2011年10月14日|カテゴリー:グルメ / お酒

昨日、友人の先生と福島にある羊料理専門店『ジンギス厨房 チャップ』に行ってきました。

ジンギス厨房 チャップ
住所  福島県福島市置賜町5-34
TEL  024-522-3307 

僕は羊肉大好きなんです。
一番美味しかったのは、米沢市に住んでいた頃〝羊肉のなみかた〟と言うお肉屋さんのレストランで食べたラムシャブです。
ラム肉をしゃぶしゃぶと思う方もいるかもしれませんが、あれは美味しかったです。
今回は、8品がつくコース料理…2,700円をオーダーしました。

先ず、最初に出てきたのが仔羊のウインナーです。

歯ごたえがあって美味しかったです。

そして、生ラム肩ロースのジンギスカン

昨年、夏休みに札幌でジンギスカンでは有名なダルマというお店に行きましたが、チャップのお肉はダルマ以上に柔らかく、肉厚でした。
もちろん、全然くせありません。
生でも食べられるお肉なので焼きすぎないで食べてくださいと勧められました。
醤油だれ、味噌だれ、塩胡椒どれに付けても美味しかったです。

さらに、ラムタン
こちらは、塩胡椒でじっくり焼いて。

そして、骨付き背肉のラムチャップ

お店の名前にもなっている看板メニューです。
骨付きのラム肉ですが、これがとても柔らかくって美味しいんです。
写真取り忘れてすみません。

大変満足しましたので、次回は家族と一緒に行こうと思います。
テーブル席は1つだけなので、予約が必要とのことです。
ネットでは17時からと書かれていますが、今は18時から営業しているそうです。

数年前は、ジンギスカンブームで福島市内にも4ー5店ジンギスカン専門店があったそうですが、残っているのはこのお店だけだとマスターが話してくれました。
やはり、生き残るには秀でているものがあるようです。

ちなみに、冬にはラムシャブもやってくれるようなので、それも楽しみにして行ってみたいと思います。

--------

東京・世田谷で高線量 2.7マイクロシーベルト

2011年10月13日|カテゴリー:生活 / くらし

http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY201110120605.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事ですが、疑問な点がいくつかあります。
2.7マイクロシーベルトと書かれていますが、テレビで見ると一番高い部分にかなり近づけての数値のようです。
飯舘村役場のモニタリングポストの数値は、地上1mの空間で計った数値ですから、比べものになりません。

我が家の周りも、地上5cmくらいなら2マイクロシーベルトの場所はいくらでもありますし、雨樋の下は平気で10マイクロシーベルトくらいあります。

だから、その程度で年間14ミリシーベルトになるなら、我々の被ばく量はどうなっちゃうのでしょうか。

しかも、立ち寄らない様に指導ということですが、周りが全て近づいてはいけないくらいの場所に住んでいる我々はどうすれば良いでしょうか。
怖いのは福島県民も東京都民も同じなんですよ。

先日、講演会で神奈川県に行きました。
タクシーの運転手さんから、原発は毎日毎日騒ぎすぎと言われ、答えられなくなり困りました。
このような事が起こらないとわからないのでしょうね。

世田谷の方には、あなた方がビックリして近づいてはいけないと行っている様な場所に多くの人が政府が安心と言うお墨付きを付けて住んでいると言う事を知って欲しいです。

 

 

今年も日本電電から案内が来ました。

2011年10月12日|カテゴリー:開業 / 病院経営

http://blog.m3.com/ennjinnkai/20090128/1

以前にも、『気をつけよう日本電電広告』と言う記事を書きましたが、今年も懲りずに日本電電広告という会社から請求書がやって来ました。

以前は宛先が手書きだったのですが、今回は印刷されています。

中には、

見本が入っています。

NTTのタウンページの広告を切り抜いて貼り付けたものです。

裏面に、しっかりNTTの電話番号広告に掲載された広告と書かれています。

この広告に申し込まれますと、全国の官公庁等の住所、電話番号等約1万件が掲載された当社独自の全国官公庁電話番号広告簿に掲載されます。

この郵便物は当社発行の全国官公庁電話番号広告簿の広告申込案内ですので、日本電信電話㈱発行のタウンページと混同なさらぬ様お願いします。又、御申込後解約なさる場合は当社規定の手数料を差引き返金致します。尚、印刷後は解約に応じられません。

と書いてあります。


よくもこのような商売が続けられると関心してしまいます。
今年は印刷されたので、来年も自動的にやってくるでしょうが、見たくもないです。
やっぱり、何とかして欲しいです。

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ