福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

「透析クリニックが被災して」を口演してきました。

2011年10月10日|カテゴリー:研究

『透析クリニックが被災して』 を20回に分けて記事として、厚かましくも、スライドを使ってお話に伺いますと書き込みましたところ、早速、相模原市の橋本クリニック、櫻井先生が声をかけて下さいました。

櫻井先生と言えば、先日行われた第17回日本HDF研究会で大会顧問をされ、HDFに関しては第一人者のような方です。
とても恐縮しましたが、ここは頑張りどころと考え、10月9日の日曜日に、相模原とその周辺地区透析談話会で、「透析クリニックが被災して」のスライドを口演させてもらいました。

この会は、相模原周辺で透析に従事している先生、技師さん、看護師さん達向けの談話会です。

講演は4つあり、先ず最初は北里大学の小久保先生が、透析での物質除去についてお話されました。
とても内容が高度でしたが、非常に解りやすくお話して下さいました。

二つ目の講演は、北里大学泌尿器科の石井先生が、北里大学で行っている腎移植についてお話して下さいました。
東京では、女子医大が有名ですが、北里大学も女子医大と肩を並べるくらいの移植を行っており、素晴らしい成績を残していると知りました。

そして、3番目に僕が話させてもらいました。

以前、製薬会社で一度同じ内容を話させてもらいましたが、その時は1時間かけてゆっくり話した内容です。
かなり、スライドはコンパクトにしましたが、それでも30分で終わらせるには、ちょっと忙しくなってしまいました。

何とか伝えたい事は伝えられたのではないかと思いますが、まだまだ改良の余地は有りそうです。

最後に、北里大学腎臓内科教授の鎌田貢壽先生の講演が有りました。
同じ震災の話でしたが、やはり年期が全く違うと言う印象です。
当たり前ですが、鎌田先生の講演を聞くと、ぼくのはやっぱり口演くらいにしておかないといけないのではと思います。

これは、質問にお答えしている時の写真を撮っていただいた者です。
どのような質問かというと、もっとたくさん要介護の方がいるときに被災したらどうだったでしょうかと言う質問でした。
今回は15名の患者さんがいるなかで被災しましたが、介護が必要な車いすの方は1名だけで、その方は僕が担いで階段を下りましたと言う話をしたからです。

その時は、想像したくないとお答えしてしまいました。

本当は、想像はしたく無いですが、多数の要介護の患者がいてたとえ時間がかかっても同じ事をしたでしょうというのが、質問の回答だったと思います。
やるしかないでしょうね。

市内にあり、2棟の片方が全壊した星総合病院では、5階の連絡通路が揺れで落下してしまいました。
それでも、職員は歯を喰いしばって患者さんを脱出させました。
5階では渡り廊下を見ると空が見える状況ですので、本当に怖かったと思います。

車いすの方は、エレベーターが止まっていてもみんなで担いで行けば階段を下りることは出来ます。
当院でも、震災でエレベーターが使えなかった間は、車椅子はみんなで担いで持ち上げました。

怖いけど、やらなければならない時には歯を食いしばって頑張れるのが我々日本人だと思います。
と、最後はかっこよくまとめて終わりにいたします。

追伸)
冷静になって考えてみれば、当院は耐震問題が起こってから改正された建築基準法を郡山で一番にクリアしたクリニックです。
震度7まで耐えられますので、本当は逃げる必要も無いのです。

松本市、学校給食で放射線測定 ウクライナ基準を採用

2011年10月06日|カテゴリー:生活 / くらし

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20111004/CK2011100402000118.html

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1キロ当たり40ベクレルはちょっと高い気がします。
もっと低い数値まで計れる装置は高価でしょうから、仕方がないのかもしれません。
ただ、福島県以外の市町村で学校給食で放射線測定を行うというのは、さすが菅谷昭松本市長ですね。

郡山市でも是非見習ってやっていただきたいです。
ほとんどの食品がNDなんですから。
今、安全をアピール出来るのは、NDなんです。
だから規制値500 なんてナンセンスなんです。

消費者の方にも、ほとんどの食品が感度以下になっているのですから、感度以下の食品を出荷してそれ以外の食品は放射性物質を含んでいますので、そのようなものは販売出来ないと言って、政府と東電に補償を求めるしかないですよ。

そうしなければ、福島の食品は誰も買いません。
すくなくとも、小さな子供を持つ親は買いません。
福島の食材が安心だとアピール出来る唯一の方法だと思います。

--------

積算線量計が配付されました。

2011年10月05日|カテゴリー:生活 / くらし

郡山市内の中学生以下の子ども達に線量計が配布されました。

別の市でストラップに『頑張ろう日本』と書かれていて無神経だと書きましたが、郡山市のストラップには何も書かれていませんでした。

線量計と一緒に生活記録票を受け取りました。

中を開くと、毎日どこで過ごしたかを記録する様になっています。
ちょっと面倒ですね。

なんだか、毎日聞こえてくる『宿題やった?』が、明日からは『宿題やった?記録書いた?』に変わるのかもしれませんね。

こんな面倒な事やりたくねえと言いたいのですが、善良な市民を標榜していますので、面倒だけどやるしかないですかねえ。

--------

インフルエンザワクチン接種のお知らせ

2011年10月04日|カテゴリー:診療

援腎会すずきクリニックでは、10月11日よりインフルエンザワクチンの接種を開始する予定です。

【接種時期】10月11日よりワクチンの在庫がなくなるまでです。
      お電話で確認ください。

【ワクチン接種日】 月・火・水・木・金・土 10:00〜12:00
          月・火・水   金   15:00〜17:00

【接種料金】 初回    3000円    
       2回目   2000円

郡山市に住民登録のある65歳以上の方及び60歳以上で身体障害者手帳1級をお持ちの方は公費補助があります。

月曜日から金曜日の午後5時までで、1回1050円の接種となります。公費補助の期間は12月9日までです。

うつくしまあるきめですin猪苗代

2011年10月02日|カテゴリー:生活 / くらし

昨日、10月2日日曜日に猪苗代で行われた『第一回うつくしまあるきめですin猪苗代』に参加してきました。

例年、4月29日のみどりの日に『うつくしまあるきめです』は福島市で開催されていますが、今年は震災の影響で中止となっていました。

今回、10月1日(土)・2日(日)の2日間、猪苗代で開催されると聞いて、ウォーキング好きの僕は参加を決意して、日曜日に行ってきました。

コースは、
1日(土)「秋の猪苗代湖を訪ねるコース」
2日(日)「秋の田園と山並みを愛でるコース」
で、両方とも10kmのウォーキングです。

8時半に受付が始まりましたが、参加する皆さんは登山が出来るような格好でした。

私は今泉相撲茶屋のTシャツを着て参加しました。
ラジオ福島のインタビューが来たら20周年をアピールする予定で、しかも暑いだろうと半ズボンだったのですが、あまりにも周りと格好が違うので、参加することを戸惑いましたが、せっかくなので参加させていただきました。

ラジオ福島とテレビユー福島のアナウンサーが号令をかけて、9時45分から準備体操が始まりました。

そして、10時にリステル猪苗代をスタートしました。

たくさんの方が参加しましたので、多くの人で大行列という感じでした。
みなさん、かなり早足の行列で、ついて行くのがやっとでした。

一人で参加しましたので、知っている方がいませんでしたが、天気がよく猪苗代湖畔や磐梯山の頂上まではっきり見えてとても気持ちが良かったです。

後半は、ベビーカーを押したお母さんとほぼ併走していました。
後半かなり歩くスピードが落ちましたが、それでも僕と同じスピードでベビーカーを押しながら歩くお母さんは凄かった。
ベビーカーに乗った女の子に時々ニコニコサインを送りましたが、あまり喜んでくれませんでした。

10kmを1時間40分くらいで歩ききって、その後待っていた妻と子供たちと共にイベントで出された牛丼と豚汁を食べましたが、とても美味しかったです。
歩いておらず待っていただけの妻はとても寒そうでした。

その後、aveのコンサートだったのですが、aveさんの福の歌熱唱とても良かったです。

aveさん、会場に来たとき、僕の脇を通り抜けるように歩いて行って、ビックリしました。
声をかけて握手してもらえば良かったです。

またこの様なイベントには参加したいですね。

次は、ゼビオ猪苗代湖ハーフマラソンかな?

--------

β2マイクログロブリンの後値

2011年10月01日|カテゴリー:診療

β2マイクログロブリンの前値と除去率を書きました。
せっかくなので、後値も掲示します。

目標は5以下ですが、おおむね10以下となっているので、まあままの結果です。
1人だけ20以上の方がいます。
この方は、他の全ての膜でショックを起こしてしまい、積層型のダイアライザーのみ問題無かった方です。
やはり積層型のダイアライザーはβ2マイクログロブリンの抜けが悪いようですが、他のダイアライザーが使用出来ないので仕方がありません。
この方には時間延長を勧めています。

--------

たまに本業の事も書きます。

2011年09月30日|カテゴリー:診療

最近、放射線の話ばかりしているので、たまには本業の話をしなければなりません。

先日のHDF研究会でRestless Legs症候群を改善させるためには、α−1マイクログロブリンの除去率を35%以上とすると言う話が有りました。

当院ではどうだろうと思い、現在いる70名で除去率を計ってみました。

5型のダイアライザーを使用して、5時間透析、血流400ml/minの前希釈オンラインHDFの方が35%を越えていますが、やはりα−1マイクログロブリンを十分に抜くのは大変なようです。

それならば、β2マイクログロブリンはどうかという事で、年に数回行っている測定で除去率を見てみました。

70−75%抜けている方が一番多かったようです。
90%以上の方がいてちょっとビックリでした。

除去率も重要ですが、前値が低ければ除去率も下がります。
前値の目標は20と考えていますが、なかなか難しいようです。
少なくとも20台を目指しています。

前値のグラフです。

おおむね30未満なんですが、40以上の方がいました。

当院でも4時間透析の方が20%近くいます。
積層型の人もいますし、アルブミンの漏出量を減らすような膜を使っている方もいます。

そのような方かなと思ったのですが、なんとビックリ。
実は、α−1マイクログロブリンの除去率を35%以上の方でした。
この方は、5型のダイアライザーを使用して、5時間透析、血流400ml/minの前希釈オンラインHDFの方です。
除去率は90%超えています。

前値が高く、後の値が低いので除去率が大きくなっています。
ちなみに、前回までのβ2マイクログロブリンはどうかというと、平均すると25くらいの数値でした。

なんで今回だけ高いのだろう、水は綺麗なのに、なんて考えていつも仕事しています。

たまに、放射線の事も考えていますが、多くの時間は患者さんの事を考えて診療を行っています。

ちょっと本業の事を書かせていただきました。

 

福島の医師、12%が自主退職…原発から避難?

2011年09月29日|カテゴリー:研究

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110928-OYT1T00658.htm

東京電力福島第一原発事故後、福島県内の24病院で常勤医師の12%に当たる125人が自主退職していたことが、県病院協会の調べでわかった。

 原発事故からの避難などのためとみられ、看護師の退職者も5%に当たる407人(42病院)に上った。県内の病院では一部の診療科や夜間救急の休止などの影響が出ている。

 調査は7月下旬、県内の医師らの勤務状況を調べるため、全139病院のうち、同協会に加盟する127病院を対象に実施。54病院から回答を得た。

 主な市町村で、原発事故前の医師数に占める退職者の割合が高いのは、南相馬市の4病院で46%(13人、警戒区域の1病院1人を含む)、いわき市の5病院で23%(31人)、福島市の6病院で9%(41人)、郡山市の4病院で8%(25人)。

 看護師では、南相馬市の4病院で16%(44人、警戒区域の1病院2人を含む)、いわき市の7病院で8%(113人)、福島市の9病院と郡山市の6病院は4%でそれぞれ68人、54人減少した。

(2011年9月28日14時33分 読売新聞)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが福島の現状です。
浜通りは別として、福島や郡山では子育てをしている若い医師を中心に退職が増えています。

しかも、妻子を県外に避難させて仕事をしている医師もたくさんいます。
ずっと妻子と離れた状態でいることは辛いです。
放射線量が下がらなければ、家族が一緒に生活する為にもっと医師は県外に出て行ってしまいます。

しかも、研修医が福島での研修をさけていく可能性も有ります。

一番にやられるのは救急です。
これは、問題化してからでは遅いことです。
何とかして欲しいといつも考えています。

反原発運動

2011年09月29日|カテゴリー:生活 / くらし

先日、業者さんがやって来て、先生は反原発運動をやっていると言う話が出ていると言うことを聞きました。

ちょっと、ビックリしたのですが、ブログで過激な事を書いているので仕方無いかなと思いました。

我々福島県民に反原発かと聞くことは、水俣病の方に反チッソなのかとか、四日市喘息の方にコンビナート嫌いかとか聞いている様なもので、ほとんど???です。

先日ロンドンブーツの1号だか2号が反原発とTwitterで発言したらニュースになっていましたが、大きな事故が起こって、収拾が付かない状態で事故を起こすような事業を止めろと言うのは当たり前です。
まだ、冷温停止していない事を皆さん忘れてしまっているのではないでしょうか。

郡山駅前で日曜日に原発反対集会でもあるようなら、いつでも参加したいと考えていますが、現状は、通院中の患者さん達の事や、スタッフや家族の事を考えるのが精一杯でそれ以上のことに対して何か行うことは無理です。

とにかく、子ども達が安心して暮らせる福島に戻してほしい、福島で生活してる人間は、その事を願っています。

--------

醜いとしか言いようがないですね。

2011年09月27日|カテゴリー:生活 / くらし

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE0E4E296988DE0E4E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 

賠償請求書に「一切異議申し立てぬ」 東電、署名求める
文言は削除へ

2011/9/26 17:01


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

醜いとしか言いようがないですね。
昨日来院した仮設住宅の患者さんも同様な事を言われたと怒っていました。
あまりにも怒ったので頭痛が出てきたため受診されました。

もうすぐ90才になる患者さんは、あと2,3年で帰れる訳無いのだけど、仮設住宅で死にたくはないんだと話してくれました。

本当に辛い思いを皆さんされています。
東京電力の幹部の方々には是非ともこのことを理解して欲しいです。

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ