福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

本日で今年の外来診療は終了となります。

2013年12月28日|カテゴリー:診療

12月28日土曜日、本日で今年の外来診療は終了となります。

この一年は、我々にとって本当に忘れられない一年となりました。
念願だった個室透析センターを開設できました。

ホームページには個室透析センターの動画も有りますので、是非ご覧になってみてください。

11月には、長崎で行われた長時間透析研究会にシンポジストとして発表する機会を与えていただけました。

スタッフも、福島腎不全研究会で学会賞を頂くなど、思いで深く達成感のある年でもありました。

泌尿器科外来診療でも、日本大学工学部 次世代工学技術研究センター 医療工学研究室 排尿障害リサーチ部門 准教授 野宮正範先生による、第2、第4木曜日の診療を開始出来ました。

来年は、現在1名の管理栄養士が2名に増員となります。
当院で行っている透析時間延長、血流量増加、オンラインHDFのしっかり透析と共に、高齢透析者に対する合併症及び栄養管理を強化して行っていくつもりです。

 年明け一般外来は1月6日月曜日から開始いたします。
1月2日は休日当番医となっておりますが、インフルエンザ等の方も多数いらっしゃるかと思いますので、緊急の方以外は6日に受診ください。

透析診療につきましては、日曜日以外は通常通りの診療となります。
祝日対応となりますので、お早めの来院をお願いいたします。

一年間ブログを見て頂きありがとうございました。
来年も今年同様によろしくお願いいたします。

--------

明けましておめでとうございます。

2013年12月28日|カテゴリー:診療

明けましておめでとうございます。

今年も援腎会すずきクリニックはしっかり透析で頑張ります。

引き続きごひいきに
よろしくお願いいたします。

--------

すずきクリニック患者勉強会

2013年12月22日|カテゴリー:診療

12月22日の日曜日の午前中、個室透析センターの2階多目的ホールですずきクリニック患者勉強会を開催いたしました。

昨年11月に郡山市障害者福祉センターで太田西ノ内病院 運動指導科 科長 星野 武彦先生に
「透析生活での運動療法について」
と言う演題名でお話して頂きましたが、そ患者勉強会はそれ以来となりました。

今回は、当院管理栄養士の荒川啓子先生に『透析食について』と言う演題名で話してもらいました。

これまで勉強会は院外で開催していましたが、今回は院内での開催でしたので、たくさんの方が集まってくれました。
師走の忙しい時期にこれだけの方達が集まって下さって感謝です。

前半は透析で失われるエネルギーやアミノ酸の量に対する摂取カロリーの関係についての講義で、後半は塩分に関する話でした。

途中、フードモデルを使用しての説明はとても分かりやすかったようです。
患者さん達からも大好評でした。
今後もこの様な勉強会は継続して行っていきたいと考えております。

--------

池谷直樹さんが当院を訪れてくれました

2013年12月19日

来週の25日に郡山文化センターで行われる

サムライ・ロック・オーケストラ WORLD
~旋律のプリンセス~X'mas Ver

に出演の池谷直樹さんが当院を訪れてくれました。

池谷直樹さんと言えば、スポーツマンNo.1決定戦、芸能人サバイバルバトル
そしてSASUKEで有名ですね。

演奏に合わせた池谷さんのパフォーマンス、是非見たいと思います。

【郡山公演】
●公演日/2013年12月25日(水)
●時間/18:30開場/19:00開演(予定)

チケットは若干残っているとのことです。
公演がとても楽しみです。

--------

第89回福島腎不全研究会

2013年12月16日|カテゴリー:診療

12月15日の日曜日に郡山市で第89回福島腎不全研究会が開催されました。
当院でも3演題の発表を行いました。

特別講演では、
東海大学腎内分泌代謝内科教授の深川雅史先生から

『CKD−MBDの管理:ガイドラインの向こう側』

と言うテーマでご講演くださいました。
FGS23とリン、カルシウムの関係など、非常に分かりやすい内容でとても勉強になりました。

今回から、スタッフ発表演題から優秀演題を選出して表彰する事となっていましたが、当院透析室長の演題が3台の優秀演題の1つに選ばれました。

会長の渡辺教授から表彰状を渡された透析室長です。

とても名誉な事であり、これからも頑張って行こうという励みになりました。

--------

長時間透析研究会in長崎のスライド6

2013年12月09日|カテゴリー:診療

それでも、やっぱり抜けすぎが心配だと考える方もいるでしょう。
でも遅く無いです。

長時間高血流で低栄養や低リンになってきたら、透析膜を変えたり、透析液流量を下げたり、場合によっては血流も下げればいいのです。

当院でも、高齢者を中心に一部の患者さんで、透析後のリン値が低値となる方がいます。
低リン血症が持続すると骨軟化症を引き起こす可能性もありますので、小分子量の除去量を減らし透析後の低リン血症を起こさない工夫をしています。

 

こちらは、透析後の血清リン値が1.5mg/dl未満の患者さん8名に対しての検討です。
総透析液量を550mL/minから450mL/minに変更して2週間経過前後の血清リン値を示しています。
透析前の血清リン値は上昇する傾向に有りましたが、透析後のリン値は変わりませんでした。

 

次に、総透析液量は550mL/minのままで、300-400mL/minの血流量を200mL/minに変更し比較しました。
こちらは透析前及び後のリン値は上昇する傾向にありました。

長時間高血流で栄養状態が悪化したら、ダイアライザーの変更や透析液流量もしくは血流量を下げる事で対応して、栄養改善したらまた透析量を増やせば良いと考えています。

 

最後に、

高血流は直ちに低血流とする事は可能で有るが、低血流を直ちに高血流にできるでしょうか?
求められるのはオーダーメイドな治療長時間透析でも個々の患者に合った治療が必要です。
最も大切な事は、正常人が168時間で行っていることを、長時間でも20時間程度で行っていると言うことなのです。
透析はやればやるほどいい。やり過ぎを懸念するよりは、先ずやってみて抜けすぎていれば透析量を減らせばよいと考えています。
その為には、我々透析従事者が患者さんの日々の変化を注意深く観察する事が大切なのです。

--------

長時間透析研究会in長崎のスライド5

2013年12月09日|カテゴリー:診療

最後に、

長時間・高血流だと抜けすぎるのではないか?

と言う疑問についてです。

先ずは血流を上げるとアルブミンが下がるのではないかと言う事に対してです。

当院では、以前より血流300mL/分を標準としていましたが、昨年4月より更に高血流を目指し、一時は血流400mL/分の方が半数くらいになっていました。

昨年4月の平均血流は313mL/分でしたが、その後積極的に血流を上げていって、今年3月には平均血流を357mL/分まで上昇しました。
その間の血清アルブミンの平均値をグラフに示しますが、特に下がる傾向は認めませんでした。

血流を上げすぎると抜けすぎてしまうという心配よりは、先ずは上げて見て、抜けすぎたら減らせばいいのではと思います。

もう少し続きますので、しばしお待ちください。

--------

土曜日は大忘年会でした。

2013年12月09日|カテゴリー:仕事 / 職場

先週の土曜日は、クリニックの大忘年会でした。
毎年、当院は忘年会を行わず、代わりに新年会を行っていたのですが、今年は秋の行事が都合つかず、忘年会の開催となりました。

今回も、大ビンゴ大会

宴会の場所がちょっと暗くてすみません。
ビンゴの景品は、スタッフの希望で電化製品を中心にしました。
今年は景品を充実させたので、スタッフは大喜びでした。

ちなみに院長は

これだけ空いてもまだ当たらず、この後5回目の数値でやっとビンゴとなりました。
もちろん誰よりも遅いビンゴでした。

今年は、個室透析センターの開設も出来ましたし、5時間透析の患者さんが半数以上になりました。
とても充実した1年でしたので、なかなかビンゴが当たらなくても良しとします。
来年も今年に引き続き良い年になるように頑張りたいと思います。

--------

平成25年12月10日(火曜日) 午後休診のお知らせ

2013年12月09日|カテゴリー:診療

明日平成25年12月10日火曜日の午後

院長出張のため、泌尿器科・内科の外来診療を休診といたします。

午前の診療と透析診療は通常通り行います。

ご迷惑をおかけしますがご了承のほど宜しくお願いいたします。

長時間透析研究会in長崎のスライド4

2013年12月03日|カテゴリー:診療

次に、

高血流だと、心臓に負担がかかるのではないか?

です。

こちらは今年の透析学会で発表した内容です。
360-400 ml/分の血流量(QB)で透析を行っている33名の患者さんに対し、透析中にQBを360-400 ml/分の高血流からQB200 ml/分まで低下させ、その後再び高血流に戻して、1回拍出量(strong volume)、心拍数、下大静脈径を測定した検討です。
心機能が悪い駆出率(EF)50未満の方8名でも同様の検討を行いました。

血流を、高血流→低血流→高血流と変化させたても1回拍出量、心拍数、下大静脈径は変化せず、これは心機能の悪いEF50未満の方でも同様の結果でした。

わが国では、以前より血流量を上げる事は心負荷を増加させると言う考えが主流ですが、今回の検討では高血流量状態が心臓に負荷をかけると言う所見は見られませんでした。

高血流は死亡リスクを低下させることは知られています。
シャントに問題無ければ十分な血流で透析を行う事が重要だと言えます。

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ