福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年7月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

月別アーカイブ

福岡県の研究会に参加して

2017年02月25日

私がブログを開始したのが2008年01月21日になります。

当初は『援腎会すずきクリニック 開業への道』でしたが、経営も安定したため、『援腎会すずきクリニック 良い透析への道』へ名称変更しています。

今回、福岡県で災害のお話をさせて頂いたのですが、とある先生から、面白くてずっと見ていたよと声をかけて頂きました。

一時はアクセス数も月に3万アクセスになった時もあり、m3ブログ終了時には通算438万アクセスとなっていました。

ほとんど趣味のように続けていましたが、その時の事を覚えて下さっている方がいるということに感謝です。

これからも長く続けて行けたらと思います。

よろしくお願いいたします。

 

16830959_1468079483203369_33671860272651241_n.jpg

 

研究会に出席してくださった先生が撮影してくれました。

 

16864567_1468079499870034_4616186004380848393_n.jpg

 

ありがとうございました。

これからもご指導よろしくお願いいたします。

『透析クリニックが被災して〜in福岡〜』

2017年02月23日

20170223f4d1ee17189898497f966ec5fc33c2d72017894f.jpg

本日福岡県飯塚市で震災の話をさせて頂きます。

透析の回診も終わりました。

外来は本田先生にお願いしております。

これからヒコーキ乗って行ってきます。

『RO装置が新しくなりました!!』

2017年02月10日

2017年2月5日、開院当初から約8年頑張ってくれた初代RO装置と涙のさようならをし、2代目RO装置がやってきました!

大きな冷蔵庫4台分はあると思われる大きさのRO装置は、6年前の震災の時に1m程動き、一緒に逃げようとしたのかな?なんて会話したのを覚えています。それも乗り越えよく頑張ってくれたなと思います。

 

さて、RO装置って何だろう?と思われた方もいるかと思います。

こちらがRO装置です。一見小さく見えますがとても大きいです!(寸法1300 ×900 ×1800)

 

20170210a5265f4deb692325407b01e615e4a11b8a1e82fb.jpg20170210fe10c28921043907da92eef3afaa12382ebd0bbc.jpg

 

透析治療に必要な透析液を作るために水道水を使いますが、そのまま水道水を使ってしまうと塩素や菌など不純物により様々な合併症が起こってしまいます。そのため体の中に入れても問題ないようにきれいな水にしてくれるのがこのRO装置です。

 

 

これはRO装置の内部構造です。

20170210b713c75746b4e745dd4c9739a5db56e8c178d477.png

透析液に使う水は、上記のようにたくさんの処理を経てつくられています。各フィルターは定期的に交換していますが、長い間使っていると定期的に交換する部品以外にも老朽化してきます。例えば配管からの水漏れや電気系統の故障などです。

RO装置で作られた水は透析治療を行う上で一番大事な為、このRO装置が故障したら透析ができなくなってしまいます。大変な話ですね・・・。

当院では透析液を置換液として利用するオンラインHDFが主流なので、水質管理にはとても気を遣います。そのため異常を少しでも早く発見できるように、日頃から点検をしっかりと行っています。

 

患者さんによりよい透析、よりよい生活を送ってもらうために、これからもRO装置に頑張ってもらいます!

(文責 CE 瀧口)

 

 

第7回透析運動療法研究会に参加してきました。

2017年02月06日

16508603_1229151760468014_5812569286252757592_n.jpg

2月5日の日曜日、福岡国際会議場で開催された第7回透析運動療法研究会に参加してきました。

注目されている研究会であり、サブ会場で行われたモーニングセッションで既に立ち見の方がいたくらい盛況でした。

O1-2「臥床患者への運動療法~廃用症候群予防のため~」

と言う演題名で発表させて頂きました。

この研究会の特徴は、透析患者の運動療法をより実践的に学ぶと言う会だと思います。

それぞれの施設が、どの様な取り組みを行っているか大変参考になりました。

当院では、現在は透析中のエルゴメーターとチューブ運動、そして定期的な運動療法教室を行っています。

今後は更に進化させていきたいと考えております。

来年は7月29日に札幌で開催とのことです。

是非ともたくさんの皆さんが参加されることを期待しております。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ