福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

第1回日本透析機能評価研究会

2017年08月26日

21125353_1561015717295526_6908715128355576147_o.jpg

9月17日に東京中野にあるコングレスクエア中野で第1回日本透析機能評価研究会が開催されます。

この研究会は、透析医療における各種モニタリング技術の周知、及びその地域格差を無くすことで、ひいてはわが国における透析の質の底上げを目標としているそうです。

学会ホームページより演題内容を転記いたしますが、今回は指定演題のみとなるとのことです。

第1回は"設定血流量は本当?"から"超音波装置を活用するとどこまで見える"と言うコンセプションで開催されると聞いています。

私もワークショップ② 『体表超音波の臨床活用』で
WS2-3 「過剰血流及び高血流の超音波評価 〜心機能を考慮する〜」

と言う演題名で発表予定です。

勉強になる内容が満載です。

是非ともたくさんの皆様のご参加を期待いたします。

==========演題内容====================

テーマ1 血流測定/再循環の意義とそのデバイス
        座長:小野淳一(川崎医療福祉大学)、小久保謙一(北里大学)

10:05〜10:30 講演② 『血液透析における血流測定の意義』
        小野淳一(川崎医療福祉大学医療技術学部臨床工学科 /
             川崎医科大学附属病院MEセンター)

 

10:30〜12:00 ワークショップ① 『各種測定デバイスの出来ることできないこと』
        WS1-1 「JMSレーザ血流計のできる事、できない事」
             中島 健陽(株式会社ジェイ・エム・エス)
        WS1-2 「透析用監視装置TR-3300M体外循環血液モニタリング機能の有用性」
             今井正己(東レ・メディカル株式会社)
        WS1-3 「透析モニター HD03の出来ることできないこと」
             沼本紘典(ニプロ株式会社)
        WS1-4 「モニタリング機能について」
             青木辰正(日機装株式会社)
        WS1-5 「臨床現場から求めたいデバイス」
             前田兼徳(兼愛会前田医院)

12:05〜13:05 ランチョンセミナー 『オンラインHDFの臨床効果と機能評価』
         座長:前田兼徳(兼愛会前田医院)
         演者:松下和通(永生会まつした腎クリニック)
         共催:ニプロ株式会社

テーマ2 アクセス管理における超音波検査の有用性
        座長:木全直樹(駒込共立クリニック)、小川智也(埼玉医科大学総合医療センター)

 

13:10〜13:30 講演③ 『血液透析における超音波の活用意義』
        村上康一(みはま成田クリニック)

13:30〜14:10 バスキュラーアクセス(VA)超音波エコーライブデモンストレーション
        若山功治(東京女子医科大学)

14:10〜15:30 ワークショップ② 『体表超音波の臨床活用』
        WS2-1 「形態評価:術前マッピングの重要性」
             安部貴之(東京女子医科大学)
        WS2-2 「VAIVT介入のための超音波検査」
             木全直樹(駒込共立クリニック)
        WS2-3 「過剰血流及び高血流の超音波評価 〜心機能を考慮する〜」
             鈴木一裕(援腎会すずきクリニック)

 

『透析効量を増やすと死亡リスクは低下する』のは本当ですか?

2017年08月11日

日本透析学会が発表しているデータによると、透析時間、血流量、透析量全てにおいて『透析効率が高くなるにつれて死亡リスクは低下する』ことが示されています。

これは、逆に考えると、『高効率の透析が出来る患者の死亡リスクは低い』

とも解釈出来ます。

ヨーロッパからオンラインHDFで予後が良かったと言う論文がいくつか出されていますが、いずれも20リットルくらいの濾過量で後希釈オンラインHDFを行った報告です。

20リットルの濾過量後希釈オンラインHDFを行うと考えると、元気な患者さんに限定されてきます。

ですので、『死亡リスクの低い方は高効率の透析が出来る』と言う風になってしまいます。

これを解消する為には、同じ状態の患者さんに対して、透析量を抑えた透析を行う群と透析量を増やした群で比べる前向き研究を行うべきなのですが、倫理上の問題点が多く行う事は出来ません。

.

201708114f587b897bb587aa123163f2c64059911fa5f938.png

.

当院では高齢者に対しても積極的に高効率の透析を行っています。

図は当院に転院して1年以上経過した方達の転入時と比べたドライウエイトの推移です。

一般的にに高齢透析患者においては痩せることは死亡リスクが高くなる事です。

当院では、75歳以上の高齢者でも可能な方は積極的に5時間透析で血流量も300ml/min以上の透析を提供しています。

若年者に比べ、摂食障害や合併症があり、抜けすぎを考えなければならない方もおりますが、転入時75歳以上の17名中7名で5時間血流も300ml/min以上の透析を提供しています。

指標の一つでしか有りませんが、多くの方でドライウエイトが上昇していることが示されていると思います。


2009年の腎と透析 Vol.66 No.5で

矢吹病院の政金先生は

「高齢透析患者の予後が悪いのは高齢であるからだけでなく,その背後に透析不足が内在している可能性がある。

高齢透析患者の適正透析を考えるとき,患者の愁訴に注目し,活動性を落とさないことを確認しながら,できるだけ透析量をふやしていくことが重要である。」

と述べています。

我々は、高齢者だからといって初めから透析量を減らす必要は無く、医療者がリスクのある患者を十分に見極めることが大切だと考えております。

基本的な考え方として、現在多くの施設で行われている週3回4時間血流200ml/minの透析は多くの患者さんにおいて透析不足です。

透析不足は、痒み、イライラなどの訴えを増やし、透析中の血圧が不安定となります。

QOLが低下する原因となります。

透析が早く終わって帰れるかもしれませんが、透析が終わってもその日はだるさが続いて何も出来ないと言う方が多くなります。

まずは、通常の生活をしていく為に必要な透析時間・血流量を確保していくことが大切です。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ