福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年7月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

月別アーカイブ

18トリソミーのこどもたち福島写真展&映画うまれるの上映会

2014年09月21日|カテゴリー:生活 / くらし

18トリソミーのこどもたち福島写真展が昨日と本日、星綜合病院のメグレスホールで行われました。

主催者の高嶋さんや小針さんは以前からの友人であり、当院もスポンサーとして少しばかりですが、ご支援させて頂きました。
昨日と本日、映画 うまれる の上映会も同時開催されました。
映画に出てきた虎ちゃんにも会うことが出来て感動しました。

https://www.facebook.com/team18fukushima

写真展の状況については、上記facebookページをご覧下さい。

facebookページからの引用ですが、18トリソミーについての基礎知識をご覧ください。

◎「Team18」って?
18トリソミーのお子様(天使ちゃん含む)がいる家族によって構成される任意団体です。

◎「トリソミー」って?
人間には、1〜23番までの番号が付けられた23対46本の染色体があります。この1対2本の染色体が、何らかの理由で3本ある状態のことを「トリソミー」と呼んでいて、何番目の染色体が3本あるかで「○トリソミー」と呼び方が変わります。つまり「18トリソミー」は、18番の染色体が3本あるということなんです。

◎「18トリソミー」って?
18番目の染色体が、通常2本のところを3本あるんです。それだけ何かスゴい能力があるんじゃないかと思ってしまいますが(実際にそんなことを思っていました・笑)、実際はさにあらず。3本あることで様々な合併症を併発してしまうんです。

このような重い障がいを持っていても、がんばっている子ども達が全国にいることを多くの皆さんに知ってほしい。そんな思いから「Team18」は活動を続けています。

映画『うまれる』のストーリーについてもfacebookページから引用させて頂きました。


****************************

◎両親の不仲や虐待の経験から親になることを戸惑う夫婦
◎出産予定日に我が子を失った夫婦
◎子どもを望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦
◎完治しない障がい(18トリソミー)を持つ子を育てる夫婦

命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人とのつながり、を考えるドキュメンタリー映画です。

妊娠、出産、育児、流産、死産、不妊、障がいなど『うまれる』ということを幅広く捉える事で、親子関係やパートナーシップ、男性の役割、そして『生きる』という事を考える・感じる内容になっています。

****************************

ちなみに、映画が素晴らしく、僕は原作まで購入してしまいました。

援腎会すずきクリニックのFacebookページでは写真展と映画の宣伝をしていたのですが、ブログで紹介していなかったことに先ほど気づき反省中です。


終わってからそんな事言うなよと言う方は、是非とも原作をご覧になってみてくださいね。

キッザニア東京に行ってきました。

2013年09月24日|カテゴリー:仕事 / 職場

先週末は3連休でした。
土曜日曜はアクセス研究会に出席して勉強していましたので、祝日の月曜日は子供たちを連れてキッザニア東京に行ってきました。

キッザニアは、こども達が好きなお仕事にチャレンジし、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。

日曜日の晩に家族と合流し、都内に前泊して早起きして豊洲に向かいました。

ららぽーと豊洲内は、開園1時間以上前から長蛇の列が出来ていました。

長い列に並んで、何とか入場出来ました。
朝早く朝ご飯も食べずにやって来ましたので、最初のお仕事はモスバーガーの店員さんとしました。
作ったハンバーガーは食べる事が出来るので、一石二鳥です。

朝食後は、病院に向かい外科手術をする事としました。
外から腹腔鏡の胆嚢摘出術をしているところを見る事が出来るのですが、次男はテレビ画面の映像を見て手術の執刀医でなく、薬剤師さんのお仕事を希望しました。

模擬手術室で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うのですが、鉗子を出し入れするとテレビ画面の映像も同様に動き、とてもリアルな映像でした。
電気メスで胆嚢周囲を剝離していき胆嚢を摘出します。
この模擬手術室を提供しているのは、須賀川市内に腹腔鏡の訓練施設を持つジョンソンエンド・ジョンソンです。
僕も以前腹腔鏡の練習に行った事がありますが、さすがですね。

その後はカーデザイナーやANAのパイロットなどいくつかのお仕事を体験出来て子供たちはとても楽しかったようです。

一緒に行った我々は見ているだけなのですが、楽しいが最後はへとへとに疲れていました。
また行ってみたいと言う事なので、機会が有りましたら出かけてみたいと思います。

--------

線量計の回収日

2013年09月05日|カテゴリー:生活 / くらし

今日は定期的な線量計の回収日です。
線量計の積算値は基準値を大きく下回っています。
しかし、福島に住んでいる我々は、常に子供たちが被ばくしないように目を光らせて行かなければならない現状があります。

ちょっと山に行って採ってきた物は食べてはいけないのです。
山菜採りやイワナ釣りが趣味だったおじいちゃん達は趣味を失いました。
汚染水問題で、いわきの海水浴場に行く気にはなりません。

子供たちの多くの友達が避難していきました。
知人や同業者でも妻子を県外に避難させている方はたくさんいます。
最近、少しずつ子供たちも戻ってきていますが、安心安全で戻ってきていると言うより、経済的な問題、家庭環境の問題から戻ってきているのだと思います。
公園の線量はまだ高く、下の子はまだ自転車に乗れません。

最近、汚染水問題で福島第一原発の報道が多くなってきましたが、我々福島県民がどの様に生活しているのかは、もう忘れられてきているのではと思います。

県外の方には、我々の現状が忘れ去られないように,今後もアピールを続けて行きます。

--------

六魂祭と福島フェスティバル

2013年06月01日|カテゴリー:生活 / くらし

6月1日の土曜日は、福島市で六魂祭、郡山市でふくしまフェスティバル in 郡山 2013が行われました。

今回の六魂祭では、ブルーインパルスがアクロバット飛行をすると聞いていましたので、家族みんなで行ってきました。

お昼ご飯を福島市に住んでいたころ良く行っていたお店で済まし、新浜公園で行われていたうまいもの広場に行きました。
とにかく人と行列だらけと言う印象でした。

写真はiPadで撮影したものですので、ご愛敬ということで
やはり迫力満点ですね。

ブルーインパルスのアクロバット飛行後に六魂祭パレードが始まるのですが、ふくしまフェスティバル in 郡山 2013のディズニーパレードに間に合わなくなると困るので、直後に戻ってきました。

開始1時間前から場所取りしていたのですが、直前になってパレードはここまで来ないと言う話になり、どうしようと考えていたら、ディズニーは来るとのことでその場所で待つこととしました。

ミッキー達は我々の場所を通り過ぎてすぐにパレードカーの上から降りてきて、目の前にいた方達にご挨拶して車に乗り込んで帰っていきました。
近くでミッキーを見る事が出来て、子供達も大満足でした。

その後、郡山阿波踊りと片平うねめ太鼓が続きました。

まだその頃は明るかったのですが、だんだん暗くなって、

竜神まつり、大牟田大蛇山、弘前ねぷたの頃は真っ暗でした。

竜神も大きかったし、大蛇山は花火で大蛇が火を噴いている様でしたし、ねぶたとても綺麗で良かったです。

子供達もとても喜んでくれましたが、何が一番良かったと聞いたら、ブルーインパルスでもディズニーパレードでも無く、福島市の新浜公園で買ってあげたトルコアイスだったそうです。
ちょっと残念。

身近なホットスポット

2013年05月28日|カテゴリー:生活 / くらし

先日、自宅マンションの入口脇に置いてある汚染土の事を記事にしました。

http://blog.m3.com/ennjinnkai/20130513/1

郡山市で最も線量が高い地域に住んでいても、原発事故後2年経ってやっと住宅除染が行われたことと、除染後に行き先が決まらない放射性廃棄物がマンションの入口に置いてあることを書きました。

本日、行政から除染後の線量の報告がマンション内に張り出されていました。

マンションの入口は0.3マイクロシーベルト毎時まで下がっていますが、駐車場内は0.8から0.9マイクロシーベルト毎時とたいして下がっていません。

しかも、我が家の車のソバに2.54マイクロシーベルト毎時と言うホットスポットがある事が判明しました。
何回かはこの周辺も測定したのですが、こんなに高い場所が有ったなんて、うかつでした。

「放射線管理区域」の規定では「実効線量が3月あたり1.3mSv」となっています。これは0.6マイクロシーベルト毎時以上となるかと思います。

世の中では、原発再稼働の話が盛り上がっているようですが、一度原発事故が起きれば、その周辺に人が住めなくなり、60km離れた土地でも「放射線管理区域」以上の線量の場所となってしまう、このことを県外に住む多くの方達に知って欲しいです。
そして、我々の事を忘れないで欲しいです。

--------

身近にある放射性廃棄物

2013年05月12日|カテゴリー:仕事 / 職場

僕が住んでいるマンションの入口脇に置いてある除染後の汚染土です。
原発事故後2年近く経過してやっと除染が行われましたが、行き先が決まらないこのような放射性廃棄物が我が家の回りの至る所においてあります。

=============================

「必要性と安全性と必ず(県外に)持っていくのでなければ議論に入れない。最終処分場の話もまだ出てない」(福島・双葉町 井戸川克隆 町長)

昨年夏の井戸側町長の発言です。
中間貯蔵施設については、大熊町の候補地で17日にボーリング調査が始まると新聞報道がありました。
線量の低い汚染度は、線量の高い場所に持っていくのが基本だと思います。県外の誰が引き受けてくれると言うのでしょうか。こんな事では、除染は一向に除染は進まないのですよね。

事故後1年間の積算線量が20ミリシーベルトを超えるおそれがあるとされた「計画的避難区域」と、東京電力福島第一原発から半径20km圏内の「警戒区域」は除染特別地域として、国が除染の計画を策定し除染事業を進める地域となっており、これらの汚染土が新しくできる中間貯蔵施設に運ばれます。

我々郡山地区は、「汚染状況重点調査地域」となっています。
放射性物質汚染対処特措法に基づき、1時間当たり0.23マイクロシーベルト以上の地域について重点的に調査測定が必要な地域として指定されている地域です。
これらの地域は、市町村が主体となって除染をして、汚染土も自分達で仮置き場を決めなければいけません。
ちなみに、郡山の除染は『郡山市ふるさと再生除染実施計画』によって進められます。

http://www.city.koriyama.fukushima.jp/upload/1/3701_josenplan3.pdf

除染された汚染土は、市内に仮置き場を設置して保管する事になっていますが、なかなか仮置き場が決まりません。
郡山で仮置き場が決まらない大きな理由として、市街地の線量が高く、郊外の広大な土地の線量が低いという事があります。

以前、仮置き場として市が決めた地域の方々が大反対しました。
そこは、ゴミ処分場がある土地なので市では適切と考えましたが、線量が低い土地なのです。
その方達にしてみればもっともな事だと思います。

本来は、郡山や福島などの比較的線量の低い地域の汚染土も、線量の極めて高い場所に持っていってもらえれば助かると思います。

これは昨日クリニック裏の草むらで測った数値です。
1.234マイクロシーベルトでした。
草むらはほとんどの場所で1マイクロシーベルトを越えていました。

決してホットスポットではありません。

福島県の汚染はまだまだ続いています。
このような場所で我々が生活している事を全国の方に覚えていて欲しい、風化して欲しくないと常々思っています。

お花見ウォーキング

2013年04月18日|カテゴリー:仕事 / 職場

本日透析終了後約20名の患者さんと逢瀬川沿いの桜を眺めながら歩くお花見ウォーキングに行って来ました。
参加者の多くは、本日透析を行ったでしたが、約1.5kmの道のりを皆さん元気に歩いて回りました。

逢瀬川を渡る橋からパノラマ撮影しました。
風が舞うたびに大量の花びらが舞うような感じでした。
これだけ花びらが舞うと、満開の時とは別の美しさがありますね。

多くの方が本日透析後の参加でしたが、約1.5kmを元気に歩きました。
先頭の方達がどんどん歩いて行ってしまうので、ペースダウンさせるのが大変でした。

桜の花びらが逢瀬川に落ちて浮かんでいる姿はとても幻想的で素晴らしかったです。

戻ってきて、橋の上から魚たちを眺めています。
昔はとても汚い川だったようですが、皆さんの努力でとてもきれいな川になったようです。

最後はみんなでみたらし団子を食べてお花見しました。
これは、来年もやらなければ勿体ないですね。

今朝の逢瀬川沿いの桜

2013年04月10日|カテゴリー:仕事 / 職場

毎日通勤で逢瀬川を渡ってきます。
今日はとても風が強かったです。
ジャケット一枚はおっただけでしたので、ぶるぶる震えていました。

今日の逢瀬川沿いの桜は3分咲きです。

実は、今年はスタッフ・患者さん達で、逢瀬川沿いの桜を見に行こうと言う話になっています。
最初は明日の木曜日の予定でしたが、なかなか咲かなかったので1週間延期していました。

でも、毎日どんどん咲いていくので、来週木曜日まで桜が散らないかちょっと心配になってきました。

市内他の場所では、桜が満開になっている所もありますが、逢瀬川沿いはまだそこまで行っていないので、来週なんとか大丈夫かなと思っています。

プロジェクト達成の手紙

2013年03月15日|カテゴリー:生活 / くらし

https://readyfor.jp/projects/idouhoiku

日帰り保育園バスを購入し、福島の子どもたちに毎日外遊びをさせてあげたい!

プロジェクト達成の手紙とポッケアロゴマークのオリジナルバッジ、移動保育活動の様子を記録したDVD&メモリアルブック、そして子どもたちの製作した手作りキャンドルが送られてきました。

手作りキャンドルがとても可愛いです。
待合室に飾りました。

ただ、一つだけ残念なのは、次男が小学校に上がるので、今後は移動保育プロジェクトに参加出来なくなる事です。

福島の子供達が心配無く自由に遊び回れる環境作りについては、今後も応援していきたいと考えています。

建築は進んでいます。

2013年03月15日|カテゴリー:仕事 / 職場

少しずつですが、建築は進んでいます。
ここは今後個室透析室になる場所です。

木曜日の定例会議では、個室透析室のレイアウトについて話し合いがありました。
壁掛けテレビが厚ければ患者さんの足下を通る時にじゃまになりますので、対応を検討しました。

現在の建物を建てた後、考えていたものと違ったと思ったことはありませんでした。
前回も、設計士さん、現場監督、電気屋さん、水道屋さん、ガス屋さんと毎週集まって、少しずつ修正しながら、その時に出てきた問題点を解決しながら建築が進みました。

今回も、試行錯誤しながら工事が進んでいきます。

設計士さんの話では、2階からの眺めは最高とのことでした。
もう少し足場がしっかりしてきたら上れますので楽しみにしています。

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ