福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

薬剤のリン含有量について

2015年08月27日|カテゴリー:研究

20150826051bbf03db26e62196c65e037e2e06f3cb59b076.png

今年のInternational Society of Nephrologyと言う雑誌に、薬剤に添加されているリン含有量についての論文がありました。

これまで、食品添加物のリン含有量については時々話題になっていましたが、薬剤にもリンが含まれているものが多く、パキシル錠40ミリグラムには111.5 mgのリンが含まれているそうで驚きでした。

高血圧で良く使用するアムロジピンのジェネリック錠には10mg錠で40.1mgのリンが含まれているそうです。

これは、ご飯茶碗1杯150gでリンが51mg含まれていることを考えると、ご飯一杯近くのリン含有量となります。

驚きと共に、この部分にも注意が必要だと言うことを知りました。

ちなみに、口の中で溶けるOD錠にはリンが含まれていない事が多い様で、OD錠を飲んでいれば比較的心配は無いようです。

また、パキシル錠もパキシルCRにはリン含有添加物が含まれていないようですので、リンが高めでパキシル錠を飲まれている方は、パキシルCRに変更されるとよろしいかと思います。

それぞれの薬剤については、医薬品インタビューフォーム に添加物が書いてあり、インターネットで簡単に調べることができます。

パキシル錠には添加物としてリン酸水素カルシウム水和物が含まれていました。

リンを抜くためには、十分な透析を行うことが最も大切ですが、このような知識を持つ事も大切かもしれません。

そして、食品添加物には多量のリンが含まれていますし、食材によってリン含有量が異なってきます。

きちんとした知識を持って食事のコントロールを行うことが最も大切であると言うことは言うまでもありません。

不安な方は管理栄養士に相談してみてください。

第60回日本透析医学会学術集会に参加してきました。

2015年06月30日|カテゴリー:研究

総会0.jpg

6月26日金曜日から28日の日曜日にかけて、パシフィコ横浜で開催された第60回日本透析医学会学術集会に参加してきました。

今回は、当院から3演題の発表を行いました。

3演題共に最終日の日曜日の発表となりました。

午前中は、CEの鈴木が

穿刺時におけるポータブルエコーの活用について

と言う演題で、当院で使用しているGEヘルスケア社製のポータブルエコーVSCANを使用してのシャント穿刺について報告させて頂きました。

午後からは、管理栄養士の藤原が

高齢者における栄養障害スクリーニング法について

と言う演題名で、高齢者の栄養評価法として優れていると言われているMNA-SFによる栄養障害スクリーニング法の有用性について報告させて頂きました。

次のセッションでは、院長の鈴木が

透析患者のリン出納を考える
と言う演題名で、リンの出納を中心にリン値が正常でも透析量が少ないと栄養障害となっている可能性について報告させて頂きました。
夜.jpg

もちろん、夜も全国の先生方と活発な議論を行い、親睦を深めています。

3日間学んだ知識を今後の診療に行かせたいと思います。

 

第42回日本血液浄化技術学会に参加してきました。

2015年04月26日|カテゴリー:研究

4月25日(土)、26(日)に東京・お茶の水のソラシティカンファレンスセンターで行われた第42回日本血液浄化技術学会に参加してきました。

学会.jpg

血液浄化技術学会は、血液浄化に関する技術と知識の向上の為の研究及び事業を行う臨床工学技士中心の学会です。

以前、山形市で開催された時も参加しましたが特に演題は出していませんでした。

今回は当院透析室長の鈴木が

On-lineHDF における透析プログラムの検討 

と言う演題名で発表いたしました。

また、私が一般演題の座長を依頼されまして何とか無事にその役割を果たすことが出来ました。

司会.jpg

これまで、学会での発表はたくさん行ってきていますので慣れているのですが、座長はほとんどやったことが無くてとても緊張しました。

座長を依頼されると言うことは、だんだん年を取ってきたと言う事なのかなんて思っていますが、今後もこのよな機会が有りましたら頑張りたいと思います。

懇親会7.jpg

土曜日の夜は、懇親会で透析医療に情熱を傾けている先生方と一緒に楽しいお酒が飲めました。

今回も自撮棒が活躍して良い写真が撮れました。

ワインを持つ手しか写らず切れてしまった○○先生、ごめんなさい。

第5回透析運動療法研究会に参加しました。

2015年02月23日|カテゴリー:研究

日曜日、大阪で行われた第5回透析運動療法研究会に参加してきました。

運動療法.jpg

当院からも一般演題ですが、『当院における運動療法の実態調査』と言う演題名で当院で行っている透析中のエルゴメーターについて発表させて頂きました。

また、シンポジウムやワークショップでも明日から役立つ話題がたくさん聞けました。

ワークショップの「⾼齢者の全⾝持久⼒の測定・評価」 では⼤阪市⽴⼤学の岡﨑和伸先生の御講演では実際に会場内を歩いてその消費カロリーを測定する体験も出来ました。その場で、岡崎先生が勧めている『インターバル速歩』の本をネット予約しました。

昨日注文して先ほど届きましたので、早速読んでみることとします。

便利な世の中だと実感すると共に、徒歩通勤と患者さんへの指導で役立てるようにします。

インターバル速歩.jpg

ランチョンセミナー無事終了しました。

2014年09月08日|カテゴリー:診療

昨日、日曜日に行われた第83回大阪透析研究会ですが、ランチョンセミナーの大役なんとか無事に終了しました。

これは、大阪国際会議場の12階にある特別会議室の控え室から見た景色です。
日曜日の大阪は晴れ晴れとしていました。
でも、ランチョンセミナーの整理券が無くなり、350席が満席と聞いて極度の緊張に陥り、お弁当も喉を通りませんでした。

会場に入ったら本当に一杯で更に緊張がたかまりました。

お話を始めましたが、途中で時間内に終わらせられるか不安になって、焦り少し早口になっていました。

そうして話す事で必死になっているの途中

突然の眩暈?気分不快?
これはやばい
ただ事ではない
このまま崩れ落ちるかもしれない
もう話す事を続けることはできない。。。
このまま僕は崩れ落ちるのではないか

と思いながら、話すことを止めて座長の岡村先生の方を見たのですが、その時点で会場全体が舟に揺られたような状況になっていることに気づきました。

岡村先生から、この揺れは地震としては長すぎるので、国際会議場の5階コンサートホールで行われているライブで観衆がジャンプして起こった揺れではないかという話がありました。


そんな事が有るのかと思いながら、船酔いにあったような静かな揺れであり、なるほどと思いました。
もちろん、そのようなことが原因ですので、講演中ずっと揺れが続いて悲惨な状況は続きました。
なんとかお話を終えることが出来て、疲労困憊になりました。

講演後にこの様なスライドが掲示されていましたが、コンサート恐るべしです。

海外は高血流が当たり前で、日本では高血流の施設はごく少数です。
そのため、高血流と通常の血流を比較した論文がほとんどなく、自施設のデータの紹介ばかりとなり、全くエビデンスの無い発表となってしまいましたが、高血流の良さをアピールする事は出来たかと思います。

たくさんの方が高血流の話を聞きに来てくださり、感謝感謝です。
これからも透析時間延長、高血流、オンラインHDFのしっかり透析で頑張って行きたいと思います。

第25回愛媛人工透析研究会

2014年09月01日|カテゴリー:研究

週末の土曜日に愛媛県松山市に行ってきました。
松山市の医師会館で第25回愛媛人工透析研究会が行われ、しっかり透析について話をして欲しいと言う依頼があり、出かけてきました。

新しく出来たと言う話でしたが、とても立派でとても広い会場でした。

抄録の題名は、しっかり透析とオンラインHDFなのですが、震災の話もして欲しいとのことでしたので、ちょこっっと震災の話となりました。
事前に練習したはずですが、時間オーバーになってすみませんでした。
これからも良い透析とはなにかを伝える事が出来れば幸いです。

ちょっと緊張しています。

研究会の後は、懇親会でもたくさんの皆さんとお話出来ました。
看護師さんや臨床工学技士の方達ともお話できました。皆さん、情熱を持って透析治療に取り組んでいる事が実感出来ました。
参加出来て幸せな気持ちになりました。

日曜日は、お城に登って汗を掻いて、道後温泉の日帰り温泉に入り、お昼を食べて帰ってきました。
久しぶりの一人旅を満喫した感じです。

鯛ソーメン姿身です。
美味しいソーメンの上に具として鯛が一匹乗っています。
驚きでした。

ジャコカツも美味しかったです。
街の中心部まで緑が溢れているのに大都会
空港までも近く、また訪れたい街が増えました。

--------

第83回大阪透析研究会

2014年08月27日|カテゴリー:診療

9月7日日曜日に大阪国際会議場で第83回大阪透析研究会が開催されます。
とても大きな研究会で2000名くらいの透析医療従事者が参加するそうです。

今回、ニプロ株式会社からランチョンセミナーの依頼がありました。
チラシも出来ました。

今回は、大会企画セミナー

「腎不全代替療法のanother modalityとしての在宅透析・長時間透析」

でも当院で行っている週4回透析について報告させて頂きます。

聞いて良かったと思える話が出来るように頑張ります。
お近くにお住まいの方は是非第83回大阪透析研究会にご参加ください。

坂井瑠実先生講演会

2014年08月04日|カテゴリー:診療

漫画家で、自ら在宅透析を行っているバンザイさんが漫画のブログを更新しました。
バンザイさんのブログには院長も漫画になって登場しています。

http://blog.m3.com/ennjinnkai/20110627/1

http://blog.m3.com/ennjinnkai/20120424/1

今回の漫画は,今年の3月16日の日曜日に 「腎内科クリニック世田谷」さん主催の患者会講演会にて行われた

坂井瑠実クリニック理事長 坂井瑠実先生の

講演会の内容です。


坂井瑠実クリニックさんは、

長時間透析、頻回透析、オーバーナイト透析、在宅血液透析などを

行っている透析を知っている人間なら誰でも知っている有名なクリニックでです。

僕が尊敬しているいくつかの施設の一つです。
講演会の内容も素晴らしいですので、是非ご覧になってください。

http://blogs.yahoo.co.jp/bannbann0821/34673226.html?fb_action_ids=711300428919819&fb_action_types=og.likes

--------

学会発表を更新しました

2014年06月21日|カテゴリー:診療

学会発表を更新しました
先日行われた、第90回福島腎不全研究会と第59回日本透析医学会学術集会・総会において、当院で発表した演題のスライドをアップしました。
ご興味の有る方は是非ともご覧になってみてください。

平成26年6月8日(日)
第90回福島腎不全研究会

「Transonic社製透析モニターHD02を用いたVA管理~PTA前後比較~」
澤本 奈々重

「透析患者の高リン血症への対策」
鈴木 一裕

平成26年6月13日(金)-15日(日)
第59回日本透析医学会学術集会・総会

6月13日 金曜日
「週4回透析における治療効果と現状について」
鈴木 翔太

6月15日 日曜日
「無線式 電子聴診器 Brescoを用いたシャント管理」
鈴木 翔太

6月15日 日曜日
「当院透析室での糖尿病治療の現状~DPP-4阻害薬を中心に~」
鈴木 一裕

--------

学会から帰ってきました。

2014年06月16日|カテゴリー:診療

金曜日から日曜日まで、神戸市で行われた第59回日本透析医学会学術集会・総会から帰ってきました。

最終日は慌ただしかったです。
9時から11時までの日本透析医会災害ネットワーク会議に福島県代表として出席しなければならなかったのですが、ちょうど自分のポスター発表の時間が11時頃で重なってしまい、座長の先生にお願いしてポスター発表の時間を一番最後にしてもらいました。

会議自体が少し早く終わり、余裕をもって発表会場に行けたので良かったです。

お昼前の最後の発表で、しかもワールドカップサッカー日本戦ですから、人は少なくなっていましたが、ポスター発表時にはたくさんの方が集まってくれました。

発表もなんとか無事に行う事が出来ました。

学会中、全国のしっかり透析を目指す仲間とお話したり、お酒を飲むことが出来ました。
もちろん、学会会場では、明日から役立つ知見をたくさん仕入れてくる事が出来ました。

最後に、神戸はやっぱり粉ものが美味しいですね。
地元の友人から聞いて行ったお店です。
ビックサイズでふわふわのお好み焼きでした。

http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28002501/

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ