福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

ジェネリックについて

2013年02月08日|カテゴリー:診療

昨年よりクリニックで発行した処方薬の薬剤の記載に「変更不可」の記載がなければ、調剤薬局の判断で後発医薬品への変更が出来るようになりました。

先日、プレタールと言う薬を処方している患者さんから、急に薬の値段が高くなったと相談がありました。

当院では、プレタールOD錠100mgを処方していました。

薬価 は 173.4円で、1日薬価が346.8円、1ヶ月で10404円です。

この方は、3割負担ですので、1ヶ月のご負担額は3121円になります。

ただ、僕の方で「変更不可」の記載をしていなかったので、ある薬局からシロスタゾール錠100mgと言う後発品がでていました。

この薬の薬価が26.5円ですので、1日の薬代が53円。1ヶ月で1590となり、1ヶ月の自己負担は477円です。

たまたまこの患者さんが別の薬局に行ったところ、正規品のプレタールが処方となりました。

477円が3121円になったのでビックリして来院されました。

それで、現在は調剤薬局の判断でジェネリックに変更出来る事を説明し、処方箋に「変更不可」と書いていなかったので、以前もらっていた薬局ではジェネリックに変更していたが、今回の薬局は当院の処方通りにプレタールを処方したので間違ったと言うことではないと説明しました。

プレタールがジェネリックのシロスタゾール錠になって3121円の負担が477円になったのです。薬代が85%減ったと言う事です。

ここで、プレタールについて説明しますと、

血管内で血液が固まるのを防ぐお薬です。血栓症の治療に使う薬剤であり、適応は脳梗塞発症後の再発抑制と慢性動脈閉塞症に基づく潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善となっています。

薬が効きすぎると出血したり、血が止まりにくくなることがあります。

また、頭痛や頻脈などの副作用が知られています。

ジェネリックは先発品と主成分が同等のものです。

主成分を同じに作ってあります。

しっかりした会社のジェネリックですと、先発品と同等の効果があるか調査もしてあります。

多分、15%の薬剤ですとそこまでの調査はしていないかと思います。

主成分は同じでも添加物などは違います。

先発品と同等の効果が得られるかは調査していなければわかりません。

効き過ぎればなかなか血が止まらなくなる可能性もありますし、副作用の頭痛や頻脈が出やすくなることもあります。

どちらがいいかは患者さんの判断になります。

問題なければいつもの薬が格安の値段でのむことが出来ますし、それがジェネリックの良さです。

ちなみにプレタールのジェネリックは26種類ありました。

尚、我々がどのジェネリックを使うか基本的に指定は出来ません。

原子力推進官僚ずらり

2012年09月28日|カテゴリー:研究


福島民報の記事です。
スキャナーの調子が悪く、記事に出来なかったのですが、復活しました。
画質が荒く文字がぼやけてすみません。

原子力規制委員会の幹部には経済産業省の原子力を推進する官庁の出身者が名を連ねているそうです。

使用済み核燃料の廃棄で嘘を言って厳重注意になった方を筆頭にそうそうたるメンバーです。
また、警察庁出身の方もいて、市民団体からは『デモの規制で本領発揮するのでは』と言う話もあると書かれています。

それから、原子力規制委員会が、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」記者の記者会見への出席を認めない方針を決めました。
26日の田中俊一委員長の会見に赤旗記者は出席できず、赤旗は同日、規制委に方針撤回を求める抗議文を出しています。

うるさいところ、厳しい目でみる報道機関に最初から蓋をするようでは、先が思いやられますね。

 

最近、やっと以前の透析とクリニックの話題が中心のブログになってきたのに。
でも、おかしい事はおかしい。

 

--------

脱原発かどうか?

2012年06月28日|カテゴリー:開業 / 病院経営

昨年の福島第一原発事故後から放射線被曝の事や原発再稼働反対と言う立場でいろいろな記事を書いてきました。

今回の著作権侵害についても、脱原発を訴えているからではないかと言うご意見を多数の方からいただきました。

ただ、自分の立ち位置として〝脱原発〟とは考えていません。
実質的に〝脱原発〟だろうと言われればそうかもしれませんが、理由は以下の通りです。

〝脱原発〟と言う考えは、平時の考えかなと思います。

たとえば、我々にとって原発をどう考えますかという問いは、

水俣病の患者さんにチッソが好きですか?
四日市喘息の方達にコンビナートが有った方がいいですか?

と聞いているのと同じだと思います。
ちょっと古いかなあ。

だって、1年経っても周囲が1マイクロシーベルトある環境で子育てしなければならないのですよ。
食べ物を気を付けて生活しなければならないのですよ。
いつの考えているのは、子供たちをどこで遊ばせればいいだろうと言う事ですよ。

基本的に、原発が我々の穏やかな生活を脅かしてしまったのは事実であり、その事に対して立ち向かうのは当たり前の事です。
特別な事をしている訳ではないのです。

その事を多くの方に知ってもらいたいです。

〝脱原発〟を掲げて運動するのでは無く、原子力発電所が起こした事故によって生活環境が侵害されたことに立ち向かっているだけなのです。

福島では、原発事故は現在進行中です。
かなり長い年月がかかりそうです。

この様な国家を脅かすような事故が起こったのですから、当然、福島以外の地域にある原子力発電所が、福島第一原発にさえ有ったベントが無いのに再稼働することに反対しています。

さらに、福島第一原発4号機の使用済み核燃料は、未だ不安定な状態です。
我々はとても心配しています。
使用済み核燃料については、きちんとした最終処分場が決まっていない状態です。
使った後は原発にどんどん貯め込んでいる状況です。

『トイレの無いマンション』

このような状況が今後も続くことに危惧しています。

以上の事をブログに書いていると〝脱原発〟と言われてしまいます。
しかし、〝脱原発〟と言うと一部の特殊な人達と言う印象が強そうで、あまり好きで無いです。

原発事故による被害を受けて、被害は現在進行中である人間が,今いる苦境を訴え、どうにかしなきゃと言っているだけなのです。

院長が漫画になりました。

2011年06月27日|カテゴリー:診療

先日参加した透析学会の最終日に、ネット上で交流のある先生や透析者の皆さんとランチをしました。

僕のとなりは、『透析バンザイ』というブログを書いているバンザイさんでした。
ブログには、バンザイさんが他の透析者の方や医師・スタッフとのふれ合いを通じて感じたことを表現した漫画が書かれています。

このブログは本にもなっています。

そのバンザイさんが、今回の食事会の事と、震災直後の当院の事を漫画にしてくれました。

http://blogs.yahoo.co.jp/bannbann0821/25895756.html

書かれた内容は、ランチの時にお話したことですが、本当に僕が経験したことがリアルに書かれていて驚きました。

ちなみに、次の日というのは、土曜日に片付けと電源の復旧作業をしたので、その次の日曜日からです。

今回の震災は、とても大変な災害でした。
にもかかわらず、日曜日から透析を行うことが出来、しかもその後も中断せずに行えたのは、とても幸せなことです。
スタッフ及び関係者に感謝したいです。

朝日新聞大丈夫?

2010年10月23日|カテゴリー:研究

10 月15 日の朝日新聞1 面トップに、
「『患者が出血』伝えず 東大医科研、提供先に」
と言う記事が有りました。

東大医科研で開発した「がんワクチン」に関して附属病院で行った臨床試験中、2008 年に膵臓がんの患者さんに起きた消化管出血について、『重篤な有害事象』と院内で報告されたのに、医科研が同種のペプチドを提供する他の病院に知らせていなかったという記事です。

この記事に対し、医療ガバナンス学会のメールマガジンに、医科研の教授が事実が巧妙に歪曲されていると感じられると書いています。

http://medg.jp/mt/2010/10/vol-32720101015.html#more

今回の『重篤な有害事象』である消化管の出血が、病気の進行に伴い一般的に起こりうる事象であること。

「重篤な有害事象」とは、「薬剤が投与された方に生じたあらゆる好ましくない医療上のできごとであり、当該薬剤との因果関係については問わない」と国際的に定められていること。
つまり、風邪を引いて入院が長引いても「重篤な有害事象」となるそうです。

医科学研究所は朝日新聞社からの取材に対して、「今回のような出血は末期のすい臓がんの場合にはその経過の中で自然に起こりうることであること」を繰り返し説明してきたこと

さらに、朝日新聞の取材に対する厚生労働省のコメントとして「早急に伝えるべきだ」との見解が掲載されているのですが、「因果関係が疑われるとすれば」というような前置きが削除されたコメントである可能性があること。

などが書かれています。

さらに、今回はオンコセラピー・サイエンス株式会社と言う会社から朝日新聞に抗議文も出されました。

http://www.oncotherapy.co.jp/news/20101022_01.pdf

この抗議文には、掲載記事にねつ造の疑いがあると書かれています。

掲載記事には「記者が今年7月、複数のがんを対象にペプチド臨床試験を行っ ているある大学病院の関係者」に取材した旨の記載がありました。

東大医科研の独自調査では、「複数のがんを対象にペプチド臨床試験を行っている大学病院」に該当するすべての大学病院に問い合わせを行ったところ、今年の7月に記者から取材を受けたのは大阪大学のみで、大阪大学で取材を受けた関係者は掲載記事に記載されているような回答は全くしておらず、取材をした記者に対して電話で抗議したというのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在一番力を持っていて、世の中をコントロール出来るのはマスメディアかもしれません。
政治家では無いです。
だからこそ、中立的で公平な立場でなければなりません。

もちろん、自分の考えを通すために、目の前にある事実を曲げてしまうような事はやっては行けないことです。

我々は、いつも常に自分の目で見て報道されている事が正しいのか確認していく必要が有りそうです。

--------

医療機関の信頼感

2010年04月10日|カテゴリー:診療

中央調査社と言う世論調査の会社が最近発表した「議員、官僚、大企業、警察等の信頼感」調査と言うものがあります。

http://www.crs.or.jp/pdf/trust09.pdf

昨年12月に、無作為に選んだ全国の20歳以上 の男女1,258人に対し、国会議員、官僚、裁判官、マスコミ、銀行、大企業、医療機関、警察、自衛隊、教師への信頼感について意識調査を行ったそうです。

平均評点が高かったのは、医療機関と裁判官、自衛官で、医療機関に対する評点は2004年に低下(平均評価2.9)したが、2007年調査以降、上昇傾向が続いているとのことです。

医療機関に対し、大変信頼できる、信頼できると52.5%もの方が信頼されている現状に、有りがたいと言う考えとほっとする考えです。

官僚や国会議員が低いのは分かっていましたが、マスコミ・報道機関への信頼度が、大変信頼できる、信頼できると17.2%だということは意外でした。

医療機関で不幸な事故が起こったときのマスコミの報道を聞くと、とても自信あり、断定的な報道を行うことが多いです。
『有ってはならないこと』などと書き立てます。

医師や医療機関が責められて当然の事例も有ります。
しかし、もう一度冷静になってなぜそうなったかを考えた方がいい場合も多いようです。
最近では、用語が間違っていたり、全くトンチンカンな内容の記事だったりすることも時々見かけます。

マスコミ・報道機関への信頼度が低いと言うことは、一般の方が冷静になってマスコミの報道を見ていると言うことだと思います。
ちょっと安心しました。

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ