福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

月別アーカイブ

過去最大1540ベクレル検出 福島・渡利のコメ1検体

2011年12月24日|カテゴリー:生活 / くらし

==============================

福島市渡利地区の放射線量は高いです。
郡山市の一部の地域でも数値の高い地域があります。

以前も書きましたが、学校給食に地元の米である〝あさか舞〟を使う事に反対です。

理由は、安全宣言が出た後に、福島県産のお米から基準値を超えた米がどんどん出てきていることと、多くの父兄が嫌がっているからです。

農作物の安全性をアピールする事は大切ですが、不安に思っている父兄も多いのです。
外食すれば地元の食材や米を食べます。
これは、自分で希望しての事だからかまわないでしょ。
心配している親は外食させないと思います。

でも、給食を選ぶことは出来ないのです。
だから、絶対に安心ですという食材を出して欲しいのです。

どの数値が安全なのかは別な話です。
どういう給食にすれば、親は安心してくれるのかです。

僕自体は、今後も郡山市で生きていくしかないですが、福島県で無くても仕事ができる方はたくさんいます。
そのような方達が今後も減っていきます。

勤務医の先生方もかなり減りました。
最近聞いたのは、薬剤師も流出して困っているとのことです。
県外に子供を出して単身赴任の方もたくさんいます。
長くこの状態が続けば、その方達も職場を変えるでしょう。

僕らが望んでいることはそれほど大きなことでは無いと思うのですが、無理なことなんでしょうか。
このままの状態が続くことに危惧します。

--------

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ