福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2018年5月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

今週末、第2回日本透析機能評価研究会開催です。

2018年01月31日

20180131c450eb4fa6a4117f4bb07cee150127fd5ce0d726.jpg

.

以前このブログでもご紹介しましたが、2月4日の日曜日に東京中野にあるコングレスクエア中野で第2回日本透析機能評価研究会が開催されます。

.

12:35〜13:35 ランチョンセミナー
  『透析排液採取は重要である~排液検査の意義と排液採取を簡便に~』

  座長:山下 明泰(法政大学 法政大学生命科学部環境応用化学科)

  LS-1 「排液は教えてくれる~何故除去量・漏出量を測るのか~」
            鈴木 一裕(医療法人 援腎会 すずきクリニック)
  LS-2 「透析排液採取における自動採液装置NISEの有用性」
            種山 嗣高(医療法人 菅沼会 腎内科クリニック世田谷)

.

今回、ランチョンセミナーで透析排液のお話をさせて頂きます。

これまで、HDF研究会とHPM研究会を中心に透析排液を調べた演題を14回発表してきました。

発表内容については、ホームページの学会発表をご参照ください。

なぜ、排液検査を行ってきたのか、そしてどの様な知見を知り得る事が出来たのか、詳しくお話させて頂きます。

また、コラム的に

オンラインHDFでアルブミン漏出量を4g未満にした方が良いと言う根拠

高血流前希釈オンラインHDFにおける低分子量蛋白の通過について

排液検査にどのくらいのコストがかかるか?

など解説する予定です。

.

是非とも聞きに来てください。

是非ともたくさんの皆様のご参加を期待いたします。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ