福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2018年5月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

オンラインHDFでも長時間透析が評価されました。

2018年02月10日

日本の保険診療は公定価格制ですが、2年に1回診療報酬の改定が行われます。

今年は改訂の年です。厚生労働省が決めた診療報酬の価格を、中央社会保険医療協議会(中医協)に諮問して、中医協の答申に基づき診療報酬が決まります。

我々透析業界も2年に1回の診療報酬改訂に注目しています。

平成22年の改訂では、透析液の水質基準への取組が評価されました。

平成24年の改訂では、オンラインHDFが初めて正式な形で採用されました。

これまで、オンラインHDFには時間区分が無く、慢性維持透析濾過(複雑なもの)として扱われていました。

今回の改訂では、オンラインHDFにも時間区分が出来て、オンラインHDFは加点となりました。

.

111.png

.

ぐうたら臨床工学技士のしがない日々さんの記事から引用させて頂きました。

時間区分は透析施設の施設条件によって変わるようですが、詳細はまだ発表されていません。

.

115.png

.

慢性維持透析濾過加算についての記載です。

.

実は、当院では7割の患者さんが5時間オンラインHDFを受けています。

これまでの診療報酬では、オンラインHDFの点数が透析時間にかかわらずが一律で5時間透析より保険点数が低く評価されていました。

.

イ) 4時間未満の場合      2,010点
ロ) 4時間以上5時間未満の場合 2,175点
ハ) 5時間以上の場合      2,310点
2 慢性維持透析濾過(複雑なもの)を行った場合 2,225点

.

5時間以上の透析時間で行えばオンラインHDFまで行う必要は無いのではと言われることも有ります。

ただ、当院で5時間オンラインHDFを行っている方で一時的に5時間透析を行って痒みを訴える方もいます。

何より、援腎会では、 長時間透析、高血流、オンラインHDF をしっかり透析と主張していますので、5時間以上の透析でもオンラインHDFが優れていると言う考えを曲げることは出来ませんでした。

今回の改定では6時間透析にも150点という加算が付きました。

と言うことで、水質加算が減点になった部分を引いても、4月からは増点になりそうです。

これからも信念を持って、長時間透析、高血流、オンラインHDF のしっかり透析を続けて行きたいと思います。

これからも援腎会をご贔屓によろしくお願いいたします。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ