福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2018年5月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

援腎会すずきクリニックは10周年をむかえました。

2018年05月12日

本日5月12日で援腎会すずきクリニックはおかげさまで満10周年をむかえました。

ひとえに地域の皆様や患者様とそのご家族の暖かいご支援の賜物と思っております。

心から御礼申し上げます。

.

開院当初は私を含めスタッフ10名でしたが、現在、すずきクリニックとあさか野泌尿器透析クリニックの2つの施設で医師3名を含めて50名を越える人数となりました。

10年で仲間が随分増えました。

.

すずきクリニックは、しっかり透析と泌尿器科診療、スタッフと共に頑張ってきました。

3年経過してクリニックもやっと軌道に乗ってきたと思った時に、東日本大震災が発生しました。

幸い当院は水道も電気も使用出来ましたので、支援透析という形で透析不能の施設から患者さんを受け入れ透析治療を提供する事が出来ました。とても幸運でした。

東京電力第一原発事故が発生して、郡山市内からたくさんの人が避難していきました。

しかし、透析施設は透析治療を継続しなくてはならず、とても不安な日々だったことを思い出します。

子供が小さいスタッフもいましたので、避難しても良いと伝えましたが、スタッフ全員が一緒に頑張ってくれた事を今でも誇りに思っています。

.

5年前には、念願だった個室透析センターを増築する事が出来ました。

また、4年前に本田周子先生をお迎えして、すずきクリニック2人体制となり、翌年から本田先生による女性泌尿器科外来も開設する事が出来ました。

更に、一昨年には新田浩司先生が院長となって、安積町にあさか野泌尿器透析クリニックを開設する事が出来ました。

.

10年経過しても変わらず人工透析と泌尿器科の専門クリニックとして地域に貢献出来る施設を目指して頑張っていきたいと考えております。

今後も変わらぬご支援ご指導を賜りますよう心よりお願いし、10周年の御礼とご挨拶とさせていただきます。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ