よくある症状Q&A

よくある症状Q&A

性感染症

性行為により感染する病気です。細菌によるものでは、淋菌感染症、クラミジア感染症、梅毒など、ウィルスによるものでは、HIV(エイズ)、尖圭コンジローマ、B型肝炎、C型肝炎など、その他の病原体によるものでは、トリコモナス症、カンジダ症、ケジラミ、疥癬などがあります。

症状としては、排尿時痛、尿道から膿が出るなどの排尿症状、かゆみや発赤、できものができたなどの性器や性器周囲の皮膚の症状、オーラルセックスの場合は喉にも感染します。

放っておくと、不妊症の原因となったり、出産時に赤ちゃんに感染して失明したり死に至ることもあります。

泌尿器科を受診する患者さんで多いのは、淋菌とクラミジアの感染症です。当院では簡易同定検査で30~40分で結果がわかります。梅毒やウィルス感染の場合、多彩な皮膚症状が出ますので、診察とウィルス抗体の検査で診断します。

治療は、抗生物質や抗ウィルス薬による治療となります。

一覧に戻る

当クリニックでは、AED(自動体外式除細動器)を設置しております。

AED

ページトップへ戻る